究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】コントロモワ(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

コントロモワ

原名:Contre Moi
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2016年
対象性別:女性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

バニラは、旅に出た。そして、愛を知る。

©LOUIS VUITTON

collection-5-4

©LOUIS VUITTON

いかにして、大量のキャラメルやプラリネを使用しないでオリエンタルの香水を作れるか?その答えがこの香りです。

ジャック・キャヴァリエ

2016年9月に、ルイ・ヴィトンが、70年ぶりにフレグランス=レ パルファン ルイ ヴィトン(一挙、7種類の香り)を発売しました。全ての香りを調香したのは、2012年にルイ・ヴィトンの専属調香師に就任したジャック・キャヴァリエです。

そのうちのひとつである「コントロモワ」は、フランス語で「もっとこっちに来て」の意味です。オレンジ・ブロッサムとタヒチ産バニラをベースに、スイーツの風味を加え、オリエンタルというカテゴリーを見事にリニューアルした香りです。

「レ パルファン ルイ ヴィトン」全七作品を通してのテーマは〝人生の旅、そして、感情(エモーション)の旅〟です。

最初に生み出された香り「ローズ デ ヴァン」は、船出の時に手にしないと行き先を見失ってしまう羅針盤のように、バラ色の人生に導いてくれるお守りのような香りです。

そして、次の香り「タービュランス」は、様々な困難もあれば出会いもある旅の最中をテーマにした香りです。さらに三つ目の香り「ダン ラ ポー」は、そんな旅の中で、大切な物を入れて運ぶために必要不可欠な〝ハードトランク〟の香りです。ハードトランクとは、開ける度に旅の記憶を呼び起こしてくれるものなのです。

さて〝香りの旅〟はいよいよ終盤に差し掛かるのです。四つ目の香り「アポジェ」は、長い旅路の果てに到達した大自然の中で、心に静けさが宿っていく瞬間=絶頂の瞬間を表現した香りです。そして、五つ目の香り「コントロモワ」において、新たなる旅路に出た二人の男女の情熱を掻き立てる〝愛を奏でるバニラ〟が登場するのです。

近づけば近づくほど愛してしまうバニラの香り

©LOUIS VUITTON

私は、着用者の首にかぶりつきたくなる香りを作りたかった。

ジャック・キャヴァリエ

恋人と別れ、仕事に疲れ、新しい自分を探して、そんな色々な理由で旅に出ていた二人の女性と男性が、旅先で出会い、恋に落ちる瞬間。ひとつだけ確かなこと。それはこの恋は、理性ではなく、本能に基づいて生まれたものだということです。

そんな女性と男性の本能を呼び覚ますフレッシュ・バニラの香り「コントロモワ」は、〝かつてないほど光に包まれたバニラ〟を生み出すというテーマで誕生した香りです。つまりは、バニラの香りがいまだ到達したことのなかった、樹脂系、スパイス系ではないバニラの場所へと誘う〝新しいバニラの旅〟でもあるのです。

もうひとつ別の視点でこの香りを見ると、ルイ・ヴィトン独自の二酸化炭素抽出法で抽出されたフルーティー、フローラル、スパイシーといった色々な側面を持つグラース産のメイローズが、三種類のバニラと遭遇し、ひとつになった瞬間、その背後にオレンジ(ネロリとオレンジ・ブロッサム)の存在がちらりと見えたというミステリアスな側面もある香りなのです。

スポンサーリンク

多くの愛を経験し、たどり着いたあなたの肌

©LOUIS VUITTON

この香りのために三種類の天然バニラの香料が使用されています。特にマダガスカル産バニラはバニリンの含有量が最も高く芳醇な甘さが特徴です(世界の80%のブルボンバニラはマダガスカル産)。

  1. マダガスカル産バニラ・インフュージョン(非常にアニマリックなバニラ)
  2. マダガスカル産バニラ・エッセンス(甘くてグルマン)
  3. タヒチ産バニラ(最高級バニラ、別名ブラックゴールド、官能的でダーティ)

雪がひらひらと舞い落ちるようにレモンとベルガモットがひんやりとバニラを迎え入れるようにしてこの香りははじまります。ハーブとメイローズが静かに祝福するように厳かな香りを最初から最後まで奏でていきます。

三種類のバニラがブレンドされ、クリーミーさ、スモーキーさ、スパイシーさといった様々なバニラの側面が照らし出されてゆきます。それらを引き立てていくのがアンブレットシードとココアです。

このアンブレットシードは二酸化炭素で抽出された非常に高価な植物性ムスクです。このムスクは、洋ナシの香りがアクセントとなる、パウダリーかつフルーティーな香りが特徴です。

やがて、オレンジ・ブロッサムとマグノリアが、バニラに恋する気持ちを教えていくように、より浮遊するようなエアリーな輝きを与えてゆきます。さらに、クリーミーなバニラの熱気を、冷ましていくようにリキュールのような洋ナシが爽やかな香りの余韻を運んでくれます。

ここに密やかに情熱的なバニラが生み出されるのです。そこには熟成した円やかなバニラがあるのではなく、新鮮な花を連想させるバニラがあるのです。

この香りのバニラは、女性です。この女性は、多くの恋を経験し、最後に、あなたの肌と同化していくのです。だからこそ「コントロモワ」は男性の肌との相性も抜群なのです。なぜなら、男性の肌の上では、〝愛の言葉を求めるバニラ〟に様変わりする訳なのですから。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:コントロモワ
原名:Contre Moi
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2016年
対象性別:女性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


トップノート:ベルガモット、レモン、ハーバルノート
ミドルノート:マグノリア、オレンジ・ブロッサム、洋ナシ、グラース産メイローズ
ラストノート:アンブレットシード、ビターココア、タヒチ産バニラ、マダガスカル産バニラ

タイトルとURLをコピーしました