究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】N°5(No.5)の歴史③ マリリン・モンロー

その他
その他 シャネル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

マリリン・モンローとN°5

1955年に撮影されたマリリン・モンローとN°5。

Marilyn and N°5 – Inside CHANEL

ウィンストン・チャーチルの計らいにより戦争犯罪人にならずにすんだガブリエル・シャネルは、スイスに亡命し、1947年5月にパルファン・シャネル社と再契約し、世界中の売上高の2%を勝ち取り、年間2500万ドルを獲得することになりました。

そして、1950年代に、N°5の運命を決定づける出来事が起こるのでした。それは、1952年の『ライフ』誌(8月7日号)のためのインタビューでの出来事でした。『ナイアガラ』撮影中のマリリン・モンローが「ベッドで身にまとうのはシャネルN°5を数滴だけ」というコメントを発したのでした。

そして、1955年3月24日、ニューヨークのアンバサダーホテルでN°5をもってポーズをつける写真を撮影することになります。以後、シャネルN°5とマリリン・モンローは、永遠の絆で結ばれたのでした。

もはや磐石のパルファン・シャネル社のピエール・ヴェルタイマーは、1954年にガブリエル・シャネルのメゾン再開の費用をすべて負担することに合意しました。ガブリエルは、その代わり自分の名前を使用する権利を全て放棄したのでした。かくして、70歳にしてガブリエルがファッション・デザイナーとしてシャネル・スーツを引っさげて復活を果たすのでした。




1953年に撮影されたマリリン・モンローのベッド・ルームに偶然存在するN°5(この偶然という要素が、マリリンが普段からこの香水を愛用しているという説得力を生み出しているのです)。

1950年代後半突然やってきたN°5の衰退

1956年。

スージー・パーカー、1957年。

スージー・パーカー、リチャード・アヴェドン、1957年。

スージー・パーカー、1957年。

1959年のキャンペーンで、「N°5はつける女性によって香りがちがう」というフレーズが広告に登場します。しかし、1950年代なかばより、その熱狂的な売れ行きに反比例する形で、ドラッグストアチェーンのどこでも売られるようになり、値下げされ、ブランド力は坂道を転げ落ちるように落ちていったのでした。

かくして、N°5は高級品としての輝きをゆっくりと失っていくのでした。

スポンサーリンク

迷走する60年代のN°5

キャンディス・バーゲン、デビッド・ベイリー、1965年。

キャンディス・バーゲン、1967年。

キャンディス・バーゲン、1967年。

1966年。

アリ・マッグロー、1967年。

アリ・マッグロー、1967年。

モード・アダムス、1969年。

ローレン・ハットン、1969年。

シェリル・ティーグス、1969年。

シェリル・ティーグス、1969年。

シェリル・ティーグス、1969年。

シェリル・ティーグス、1969年。

1965年から2007年にかけてシャネルのアートディレクターに就任したジャック・エリュ(父親のジャン・エリュは、1930年代からシャネルのマーケティング・デザイナーだった)は、50年代後半からはじまるN°5の衰退の兆しに危機感を感じていました。

そんな危機感が、彼に多くの失策を生み出させたのでした。それは1960年代の「活発なすべての女性は、シャネルN°5を望む」「活発なすべての女性は、シャネルN°5を愛する」というキャンペーンの失敗と、どうしようもなく子供っぽい若い恋人たちがうっとりとお互いの瞳を見つめあうティーン向けの広告(シェリル・ティーグス)の誤算でした。

そして、1970年に入り、アメリカの市場でのN°5のシェアは5%を下回り、完全に古臭い香水のイメージが定着したのでした。

タイトルとURLをコピーしました