究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】パリ パリ(オリヴィエ・ポルジュ)

オリヴィエ・ポルジュ
©CHANEL
オリヴィエ・ポルジュシャネルブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

パリ パリ

原名:Paris – Paris
種類:オード・トワレ
ブランド:シャネル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ
発表年:2022年
対象性別:女性
価格:125ml/18,700円
公式ホームページ:シャネル

スポンサーリンク

シャネルの〝ラ・ヴィ・アン・ローズ〟

©CHANEL

この香りのために、シャネルがグラースに所有するセンティフォリア・ローズを使用しなかった理由は、官能性を表現する必要がなかったからです。

ダマスクローズの方が、より軽やかでフレッシュ、そして少し柑橘系の香りがします。さらに、よりフルーティーで、よりスパークリングなのです。

オリヴィエ・ポルジュ(以下、すべての引用は彼のもの)

2018年6月1日に三作品同時に発売されたシャネル史上初のオーデコロン・コレクションの名を「レ ゾー ドゥ シャネル」と申します。「Les Eaux De Chanel」とは、フランス語で〝シャネルの水〟を意味します。

2019年6月1日には、数量限定で第四弾「パリ リヴィエラ」が発売され(現在はレギュラー販売されています)、2021年6月には、第五弾「パリ エディンバラ」が発売されました。

そして、2022年7月1日に発売された第六弾が「パリ パリ」です。そう!パリと言えば、〝La Vie en rose(ラ・ヴィ・アン・ローズ)〟です。ローズが主役の〝愛を生む〟シプレ・フローラルの香りは、シャネルの四代目専属調香師オリヴィエ・ポルジュにより調香されました。

「シャネルの創始者」であるガブリエル・シャネル(1883-1971)が、シャネル帝国を築いていくきっかけとなった、癒しの水に包まれた5つの街を経て、ついに、パリからパリに戻ってきた『花の都パリに凱旋する香り』です。

ちなみにシャネルは、1910年にカンボン通りに最初の店を開き、途中でスイス亡命(1945年~1954年)の10年間を除き、1971年にリッツで最後の日を迎えるまでパリを本拠地として活動しました。

スポンサーリンク

どんなときでもパリは愛を忘れません。

1960年、パリのチュイルリー公園にて ©Willy Rizzo for Marie Claire magazine

最も表現しにくい街だった。そこに住んでいると、いつも少し視野が欠けてしまうものです。私はパリジェンヌとその生まれながらのシックでエレガントなスタイルには、時代を超えた何かがあり、それを「パリ パリ」で表現しようと思いました。

この香りには、男性のワードローブからインスピレーションを得て、シンプルでエレガントな女性のシルエットを創り出すという、ガブリエル・シャネルの非常に現代的なアイデアも込められています。

そこで、非常に洗練された原料、今回は複雑な花であるダマスクローズを、ドライでスパイシーなパチョリやピンクペッパーと組み合わせました。こうすることで、エレガントなパリジェンヌのフェミニンな側面と、もう一つのアンドロジナスな、ほとんど男性的な側面が両立するように香り立ちます。

春のパリ。朝のカフェテラスで過ごすひと時でさえも、パリは愛を忘れません。甘やかにアーシィーなパチョリが、素敵な出会いに、思わず目を伏せてしまう瞳のように心を揺り動かすのです。さぁ、カフェテラスの奥から〝ラ・ヴィ・アン・ローズ〟が流れてくるのです。

最初から最後までパチョリは重たくなく〝軽やかに愛を歌う〟香りなのです。パチョリはそれぞれの香料にそっと愛を囁くのです。そして、すべてにパリのエレガンスと憂鬱を与えてくれるのです。

すぐに現れるピンクペッパーにより、弾け出すレモンとマンダリンのフレッシュな風に乗って、ダマスクローズがいよいよ到来します。揺れるシトラスは落ち着きを取り戻し、ピリッとしたピンクペッパーと苦味のあるパチョリが、ダマスクローズに眠る情熱を、そう!心が躍るような愛する心を蘇らせてくれるのです。

〝花の都パリ〟から〝愛の都パリ〟へと変化してゆく、愛する男性の腕の中で〝ラ・ヴィ・アン・ローズ〟を口ずさみたくなる瞬間をボトルに閉じ込めたような香りです。

スポンサーリンク

「ガブリエルは、白い花と石の香りを愛しました」

シャネル2015年AW ©CHANEL

©CHANEL

私が「パリ パリ」の主役にダマスクローズを選んだのは、このコレクションの中で最もフローラルな香りをパリと定義づけたかったからです。

さらに、コレクションを通してすべての香りに共通しているフレッシュ感も水蒸気蒸留法で抽出したこのローズから香り、レモンやスパイスによりとても生き生きとしています。複雑でありながら儚げなローズは、都会的な洗練を感じさせます。

パチョリとの組み合わせは、エレガントさとカジュアルさを兼ね備えた、男性的で女性的な側面をより強調します。この香りはシンプルで軽く見えるかもしれませんが、実は複雑な香りなのです。

ちなみにこの香りのローズのイメージは、早朝の陽光に照らされ煌く〝オスマンのパリ〟建造物とのことです。オスマンとは、ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマンのことであり、19世紀に現在のパリの街並み(シャルル・ド・ゴール広場やオペラ座)を作り上げた人です。

ガブリエルのことを考えるとき、私は彼女がNo.5の香りをまとっているのを想像します。彼女が好きだったというフレグランスを深く掘り下げていくと、どれも白い花と石の香りで構成されていて、彼女のパーソナリティにとてもよく合っているんです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:パリ パリ
原名:Paris – Paris
種類:オード・トワレ
ブランド:シャネル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ
発表年:2022年
対象性別:女性
価格:125ml/18,700円
公式ホームページ:シャネル


トップノート:シトラス、ピンクペッパー、レモン
ミドルノート:ダマスクローズ
ラストノート:パチョリ

タイトルとURLをコピーしました