究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】N°5(No.5)の歴史⑤ キャロル・ブーケ

その他
その他 シャネル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

リドリー・スコットのシャネルN°5

Chanel No. 5 – "Blue Sky" (1979)
L'Invitation au Rêve – Le Jardin – CHANEL N°5


1977年から1990年にかけて、リドリー・スコットが、ニュー・ラグジュアリーの象徴としてのN°5のエレガンスをイメージさせる抽象的な広告フィルムを創造しました。

ボンドガール・キャロル・ブーケとN°5

キャロル・ブーケ、1987年。

キャロル・ブーケ、1987年。

Chanel no 5 Werbung Carole Bouquet 1986

キャロル・ブーケ、1990年。

La Star – CHANEL N°5

キャロル・ブーケ、1992年。

キャロル・ブーケ、パトリック・デマルシェリエ、1993年。

Sentiment Troublant – CHANEL N°5

キャロル・ブーケ、1994年。

キャロル・ブーケ、1994年。

chanel original

キャロル・ブーケ、1996年。

キャロル・ブーケ、パトリック・デマルシェリエ、1996年。

キャロル・ブーケ、ドミニク・ イッセルマン、1997年。

"L'orchestre" – Chanel 5 Commercial (Making Of)
No5 Chanel "L'orchestre"

1990年代のシャネルのミューズは、『007 ユア・アイズ・オンリー』でボンドガールをつとめたキャロル・ブーケ(1957-)でした。

タイトルとURLをコピーしました