究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】N°5(No.5)の歴史⑥ エステラ・ウォーレンとニコール・キッドマン

未分類
未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

リュック・ベッソンとエステラ・ウォーレンのN°5

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1998年。

Estella Warren – Chanel 1st. commercial
Le Loup – CHANEL N°5

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1999年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1999年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1999年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1999年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、1999年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、2000年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、2000年。

エステラ・ウォーレン、ジャン=ポール・ グード、2000年。

最後のN°5ミューズであるジゼル・ブンチェンよりも遥かに魅力的なのが、リュック・ベッソンにより演出されたエステラ・ウォーレン(1978-)が演じた「世紀末の赤ずきん」でした。もしかしたら、ヴィジュアル・イメージの観点においては、彼女のイメージがN°5イメージかもしれません。

しかし、実際のところ、20代前半の女性がN°5のイメージをどう魅力的に体現しようとも、場違い感は否めないものなのです。

最も影の薄いN°5ミューズ・ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマン、バズ・ラーマン、2004年。

ニコール・キッドマン、バズ・ラーマン、2005年。

ニコール・キッドマン、バズ・ラーマン、2005年。

Le Film – CHANEL N°5

ニコール・キッドマン、パトリック・デマルシェリエ、2006年。

ニコール・キッドマン、パトリック・デマルシェリエ、2006年。

『ムーランルージュ』(2001)を髣髴させるイメージで黄金タッグが復活したバズ・ラーマンニコール・キッドマンの組み合わせは、結果的には、最も影の薄いN°5ミューズを生み出しました。

タイトルとURLをコピーしました