究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメネジルド ゼニア】ハイチアン べチバー(マリー・サラマーニュ/ハリー・フレモント)

エルメネジルド・ゼニア
©Ermenegildo Zegna
エルメネジルド・ゼニアブランドマリー・サラマーニュ調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ハイチアン べチバー

原名:Haitian Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメネジルド・ゼニア
調香師:マリー・サラマーニュ、ハリー・フレモント
発表年:2014年
対象性別:男性
価格:125ml/28,620円

スポンサーリンク

特A級ハイチ産ベチバーの香り

©Ermenegildo Zegna

貴重な大地のルーツを利用してミネラルを注入したような効果を作ろうとしました。

マリー・サラマーニュ、ハリー・フレモント

2012年12月からエルメネジルド・ゼニアの店舗(新宿)にて販売開始したエクスクルーシブなフレグランスコレクション「エッセンツェ」は、エスティローダーとのコラボで生み出されたコレクションです。

ユニークな産地の原材料を最大限に生かした、5つの特徴的な香りで構成されてます。ゼニア社がカラブリアに所有する畑で栽培されたベルガモットを共通の香料として採用したメンズ・フレグランスの最高峰を目指したコレクションです。

シャネルN°5のベースノートにもなっているベチバー。ベチバーとは、ススキに似たイネ科の草木であり、その根茎を水蒸気蒸留して抽出したものです。

ゼニアのベチバーは、通常よりも遥かに長い時間の蒸留期間を設けることによって、深い芳醇さを生み出しています。インドネシア、インド、ブラジル、マダガスカルで産出されたものよりも良質だと言われるハイチ産のベチバーは、世界のベチバー市場の半分を占めています。

そのハイチ産の中でも更に最上級の品種が採れるハイチ南西部の都市レカイ郊外で産出されたものが、この香りに使用されているベチバーです。

そのベチバーにビター・オレンジの花から、同じく水蒸気蒸留して抽出して得られるネロリをブレンドして生まれた「ハイチアン ベチバー」。いかにもゼニア的なダンディズムに満ち溢れたスーツとの相性が抜群のスモーキーな香りは、マリー・サラマーニュハリー・フレモントにより調香されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ハイチアン べチバー
原名:Haitian Vetiver
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメネジルド・ゼニア
調香師:マリー・サラマーニュ、ハリー・フレモント
発表年:2014年
対象性別:男性
価格:125ml/28,620円


シングルノート:ハイチ産ベチバー、ネロリ、カラブリアン・ベルガモット、アイリス、にんじん種子

タイトルとURLをコピーしました