究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【シャネル】N°5(No.5)の歴史④ カトリーヌ・ドヌーヴ

その他
その他 シャネル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

カトリーヌ・ドヌーヴと70年代のN°5

1970年。

1971年。

ジーン・シュリンプトン、ヘルムート・ニュートン、1971年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1972年。

Catherine Deneuve For Chanel No.5 (1971)

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1973年。

Whispered – CHANEL N°5

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1975年。

Catherine Deneuve – Chanel n°5

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1976年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1976年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1976年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1977年。

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1977年。

Mystery – CHANEL N°5
Catherine Deneuve on being alone 1978 Chanel No.5 commercial

カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・アヴェドン、1979年。

Catherine Deneuve – Chanel No. 5

60年代に多くの失策を繰り返してきたシャネルのアートディレクターのジャック・エリュが、70年代に遂にN°5を蘇らせることに成功しました。

1968年にカトリーヌ・ドヌーヴがN°5の新たなるミューズに選ばれ、70年代において大々的な広告キャンペーンが繰り広げられたのでした。その結果、N°5に新しい生命が吹き込まれ、香水に新しい物語を語らせ、新世代の女性たちに、これこそ自分たちの官能性を表現する香りだと思わせたのでした。

さらに、1974年にシャネルのCEOに就任したアラン・ヴェルタイマー(ピエールの孫息子)は、アメリカ国内でN°5を販売する店数を劇的に減らし、ドラッグストアから商品を引き下げ、ブランディングを強化したのでした。

タイトルとURLをコピーしました