エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【イヴ サンローラン】M7 エムセット(アルベルト・モリヤス/ジャック・キャヴァリエ)

アルベルト・モリヤス
アルベルト・モリヤス イヴ・サンローラン ジャック・キャヴァリエ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

トム・フォード版『MKウルトラ作戦』

ddb038878b502934831a15b6da740aa3

「世界よ!目覚めよ!」トム・フォードが2002年にフレグランス業界において起こした早すぎた作戦=別名「M7ウルトラ作戦」。一度その香りを身に纏うと、半ば無意識のうちに半永久的にその香りだけを求め彷徨う。そんな人間を増殖させようという恐ろしい作戦。

当時リヴ・ゴーシュのデザイナーに就任したトム・フォードが最初にローンチした新男性用フレグランスには、そんな裏テーマが秘められていたのです。

この香りの誕生により、フレグランスにおける、ウッド=沈香の扉は開かれたと言ってもいでしょう。(シトラスとウッドのブレンドという分野を開拓した)

トム・フォード好みのスタイリッシュな男性のフェロモンとエレガンスを兼ね備えた香り。ベルガモットとマンダリンから始まるフレッシュでウッディ、かつオリエンタル。そこから醸し出される大人の色気。ボトル・デザインもトム・フォード自身と写真家のダグ・ロイドにより考案されました

名前は、「7番目のメンズフレグランス」という意味です。世界第2位のスイスの香料メーカー・フィルメニッヒが供給元であり、今では考えられない神コラボアルベルト・モリヤスジャック・キャヴァリエにより調香されました。

あまりにも全てが斬新過ぎて、セールス的に大失敗したフレグランスです。以後、トムの『MKウルトラ作戦』は、自身のブランド設立→プライベート・ブレンドにより達成されることになるのでした。

スポンサーリンク

イヴ・サンローランと三島由紀夫

イヴ・サンローラン自身による1971年のメンズ香水「YSL POUR HOMME」広告のためのオールヌード。フォトグラファー:ジャンルー・シーフ

イヴ・サンローラン自身による1971年のメンズ香水「YSL POUR HOMME」広告のためのヌード。フォトグラファー:ジャンルー・シーフ

発売当時、オールヌードの男性広告に話題が集まりました。マーシャルアーツのチャンピオンであり、モデルのSamuel de Cubberを起用し、フランスで初めて男性のオールヌードの広告が掲載されました。

一方、アメリカでは下半身を切った形で掲載され、GQは掲載すらしない程の賛否両論となりました。

当時トム・フォードはこうコメントしていました。「香水は肌の上に纏うんだぜ。なのになぜボディを隠す必要があるんだい?」と。更に、1971年に、イヴ・サンローランが『プール・オム』のキャンペーン広告で披露したヌード広告に対するオマージュの意味があると言及しました。

日本人のイメージだと、本当に男らしかった昔の日本男児。1968年の三島由紀夫先生でしょうか。

日本人のイメージだと、本当に男らしかった昔の日本男児。1968年の三島由紀夫先生でしょうか。

Nu」の男性版の位置づけの要素が高く、アガーウッドを前面に押し出しているのですが、それは広告のような体毛の濃い中年男性が、冬に京都の寺を訪れ、そこで、同じく観光で来ていた男性に一目ぼれしてしまい、寺の静寂と開放感の中で、大胆になってしまうそんなイメージを感じます。京都のヨーロッパ人男性のような香水です。

ゲランのサムサラにも通じる禅宗の静寂さを感じさせる香り。丁度、平日の浄瑠璃寺を訪れ、おじさんが一人で三脚を担いで日本の美を撮影している姿を遠くから眺める浮世離れ感。

高級リゾート地の、決して静寂ではない仏閣に宿る静謐さ。落ち着いた、カジュアルすぎないファッション感度の高い中高年の男性、もしくはスーツ姿のビジネス・ファッション感度の高い女性にこそ相応しい香水です。

もう1つ違う表現をしてみると、「美しい中年男性が、やがて中性的なタカラヅカの男役になっていく」ような香り。

2011年に「ラ・コレクション」にて、M7 オーデ アブソリュとして、外観だけではなく、香りもアレンジされ再販されました。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「M7」を「ウッディな沈香」と呼び、「沈香はもともと複雑な香料だ。ハチミツやタバコ、葉、爽やかなミント、カストリウムの動物様ノートがすべて混ぜ合わさっている。M7はそのベースを巧みに包み込んでいるが、沈香がもともと備えている、人を憂鬱にさせる不快な香りを完全に隠すことは不可能だ。」と5つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:エムセット
原名:M7
種類:オード・トワレ(現在廃盤)
ブランド:イヴ・サンローラン
調香師:アルベルト・モリヤスジャック・キャヴァリエ
発表年:2002年10月24日
対象性別:男性
価格:50ml /7,500円、75ml/10,500円

95c6e4a21c7444c394c611f363da9311
トップノート:ベルガモット、マンダリン、ローズマリー
ミドルノート:アガーウッド、ベチバー
ラストノート:アンバー、ムスク、マンドレイクの根

イヴ サンローラン M7 オーデ アブソリュ
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました