究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007/サンダーボール作戦』Vol.9|ルチアナ・パルッツィとレーシングスーツ

ボンド・ガール
Handmade Software, Inc. Image Alchemy v1.11
ボンド・ガール女を磨くアイコン映画女優
この記事は約6分で読めます。

映画史上はじめてレーシングスーツを着た女

この作品のファッション史における歴史的価値は、レーシングスーツの存在に尽きます。そして、ルチアナ・パルッツィ(1937-)という2ndボンド・ガールもその演技力によってではなく、レーシングスーツを着た写真によって永遠のものとなったのです。

今でも『サンダーボール作戦』と言えば、この写真が出てくるほどであり、映像とファッションがリンクしたときの、タイムレスな影響力を示す好例のひとつとなっています。

BSA・A65ライトニングに乗るルチアナ様。

ベスパに蹴りを入れるルチアナ様。

スポンサーリンク

ただ一人三作のボンドムービーに出演したボンドガール



マルティーヌ・ベズウィック(1941-)は英国人の父とジャマイカ人の母の間に生まれ、極貧生活の中、ミス・ジャマイカに選ばれた努力の人です。

007/ドクター・ノオ』(1962)でタイトルバックのダンサーを演じ、『007/ロシアより愛をこめて』(1963)で女性同士で肉弾戦を繰り広げるロマ族の女性を演じました。

そして、本作において、遂にボンドガール・ポーラの座を勝ち取ったのでした。マルティーヌは仕事のため長年英国で生活しており、肌の色も白かったため、2週間前からバハマに日焼けのために滞在し、現地人に見えるように下準備をしたのでした。

『恐竜100万年』(1966)において、本作でドミノ役の予定だったラクエル・ウェルチと競演し、同年マカロニ・ウエスタンの傑作『群盗荒野を裂く』や、オリバー・ストーンの処女作『邪悪の女王』(1974)にも主役として出演しています。

ポーラ・ルック1

ピンクルック
  • ピンクの太いヘアベルト
  • ピンクのチョリ・ブラウス、カラー付き、長袖
  • ピンクのレザーベルト。バックルは透明
  • ゴールドリング・イヤリング
  • インディゴ・スリムフィットパンツ
  • エスパドリーユ

まさに60年代のスウィンギング・トロピカルです。

70年代のブラックムービーに出てきそうなファッションです。

スポンサーリンク

フィオナ・ルック3

ターコイズブルー・イブニングドレス
  • ターコイズブルーのペイズリー柄シフォンドレス
  • 同色のシフォンストールをヘッドに
  • ターコイズブルーのガマ口バッグ


スポンサーリンク

フィオナ・ルック4

フローラルプリント
  • ひな菊柄のパープルベースのボタンダウン・カッターシャツ、肘下までロールアップ
  • イエローシフォンヘアリボン
  • ゴールドパテントベルト

ルチアナ・パルッツィは貫禄があって素晴らしいです。

下のイメージ写真のシャツは違った柄です。



スポンサーリンク

ポーラ・ルック2

ブルーデイドレス
  • ウエストが絞られた鮮やかな水色のデイドレス。膝丈、
  • 白のハイヒール・パンプス




スポンサーリンク

フィオナ・ルック5

ブルーイブニングドレス
  • 水色のスパンコールドレス、デコルテラインドレス。バスト部分に横のドレープ、膝丈
  • ブルーのボンボンストール
  • シャンパンゴールドのミニガマ口バッグ
  • 水色のハイヒールパンプス

スタイル抜群のルチアナ・パルッツィ。

ボンドとベッドを共にする女悪役像の始まりです。

ある意味、クローディーヌ・オージェよりも目立っていたかもしれません。

そして、この美しいイブニング・ドレス姿。

オールブラックのレーシングスーツ姿があったからこそ、そのギャップは絶大です。

ボンドのグレースーツが女性のブルーを引き立たせます。

このシルエットの美しさ。司葉子並の足首の細さ!

作品データ

作品名:007/サンダーボール作戦 Thunderball(1965)
監督:テレンス・ヤング
衣装:ジョン・ブレイディ
出演者:ショーン・コネリー/クローディーヌ・オージェ/アドルフォ・チェリ/ルチアナ・パルッツィ/マルティーヌ・ベズウィック

タイトルとURLをコピーしました