究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】オー ドゥ ルバーブ エカルラット(クリスティーヌ・ナジェル)

エルメス
エルメス クリスティーヌ・ナジェル ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

オー ドゥ ルバーブ エカルラット

原名:Eau de Rhubarbe Ecarlate
種類:オーデ・コロン
ブランド:エルメス
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,170円

【並行輸入品】 【ミニサイズ】 エルメス HERMES コロンエルメスオードゥルバーブエカルラット EDC 15ml [004064]

価格:3,980円
(2020/4/11 10:08時点)
感想(3件)

スポンサーリンク

エルメスの万能コロン

ルバーブの茎を昔ながらのシンプルな方法で調理すると、香りがほとばしります。わたしはいつも、ルバーブの二重性に魅了されてきました。視覚と嗅覚の二重性です。色は緑から赤へと変化し、強い酸味は甘美で柔らかなものへと変貌するのです。

クリスティーヌ・ナジェル

2014年にエルメスの専属調香師に就任したクリスティーヌ・ナジェルによる初めてのエルメスのフレグランスであり、初めての「コロン エルメス」です(おそらく、クリスティーヌがルバーブを選んだのは、ルバーブ好きの前任者ジャン=クロード・エレナに対するオマージュからだろう)。

「スカーレット色のルバーブの水」という名のオーデコロン。日本人にはほとんど馴染みのないセロリに似た、シベリア南部原産の多年草であるルバーブという植物の香りが中心にあります。

ルバーブ自体の強烈な香りに対して、甘い果実(レッド・ベリー)とホワイト・ムスクを合わせる事により、柔らかさと透明感を生み出しています。

この香りは、日本人に最も相性の良い香りなのではないでしょうか?ありきたりではない甘酸っぱい香りでありながら、どこか懐かしさと優雅さが同居した、一度嗅ぐと癖になる香りです。一目惚れする香りとでも形容するべきでしょうか、ジョー・マローン的ではあるが、やはりこの香り立ちの気高さはエルメスそのものなのです。あらゆる意味において万能の香りです!

香水データ

香水名:オー ドゥ ルバーブ エカルラット
原名:Eau de Rhubarbe Ecarlate
種類:オーデ・コロン
ブランド:エルメス
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,170円


トップノート:ルバーブ
ミドルノート:レッド・ベリー
ラストノート:ホワイト・ムスク

エルメス オー ドゥ ルバーブ エカルラット オーデコロン 50ml HERMES EAU DE RHUBARBE ECARLATE EDC

価格:11,054円
(2020/4/16 09:00時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました