イヴ・サンローラン

イン・ラブ・アゲイン (ジャン=クロード・エレナ)

    イン・ラブ・アゲイン

    香水名:イン・ラブ・アゲイン In Love Again オード・トワレ
    ブランド:イヴ・サンローラン
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:1998年
    対象性別:女性
    価格:100ml/8,500円(廃盤)



    1998年。

    1998年。

    モデル:ユージニア・ヴォロディーナ、2004年。

    1998年版。

    2004年版。

    トップノート:ブラック・カラント、ブルーベリー、ニッケイ、ウォッカ、グレープフルーツ、アップル、チューリップツリーフラワー
    ミドルノート:グレープフルーツ、熱帯睡蓮(ウォーターリリー)、ローズ
    ラストノート:サンダルウッド、ムスク、ブラックベリー、トマト

    イヴ・サンローランのディオールにおけるファースト・コレクション。トラペーズライン。1958年。

    若干21歳にしてクリスチャン・ディオールの主任デザイナーになったイヴ・サンローランが、ファースト・コレクションでトラペーズラインを発表したのが、1958年のことです。

    このフレグランスは、1998年に、サンローランのデザイナーとしての40周年を記念し、ジャン=クロード・エレナによって調香され、5万本だけ世界中で限定販売されました。そして、発売と同時に、世界中で爆発的に売れました。

    さらに、2004年に、イヴ・サンローランのフレグランス40周年を記念して1年間限定で再販され、日本だけで13000本売れたといわれています。

    「あの頃のときめきを」という名の香水。それは、恋に対しても、仕事に対しても、かつて傾けた情熱を忘れないで!という前向きな香りなのです。それはまた、甘酸っぱい失敗の記念碑でもあり、ほんの一瞬手にした甘い勝利の香りでもあるのです。ボトルデザインは、ハート型になっており、1998年版と2004年版で若干違います。

    ビターなグレープフルーツからはじまり、甘く芳醇な葡萄に包まれるフレッシュ・フルーティ・フローラルの香りです。



    イン・ラブ・アゲイン<ラ・コレクション>

    香水名:イン・ラブ・アゲイン In Love Again オード・トワレ
    ブランド:イヴ・サンローラン
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:2011年
    対象性別:女性
    価格:80ml/13,000円
    公式ホームページ:YSL

    トップノート:グレープフルーツ、マンダリン・オレンジ、ブラック・カラント
    ミドルノート:葡萄、ローズ、ピオニー、チューリップツリーフラワー、熱帯睡蓮(ウォーターリリー)
    ラストノート:ムスク、ブラックベリー、サンダルウッド

    「一瞬で惹かれあう“ひとめぼれの香り”」と公式ホームページにうたわれているのですが、そうであるならば、〝ラ・コレクション〟=安上がり、使いまわしボトル・デザイン仕様で、無個性な外見は、ひとめぼれもへったくれもありません。フレグランス・メゾンならば兎も角、ラグジュアリー・ブランドが販売するフレグランスで、経費削減、大量生産仕様のボトル・デザインで、いくら言葉を飾り立てた所で、結局の所は、〝片腕をもがれた香り〟としか感じないわけです。

    フレグランスにとって、中身と同じくらいに、ボトル・デザインも重要な要素です。香りとは、嗅覚と視覚の芸術なのです。これだと、間違いなく、40周年記念で販売されたときのボトル・デザインの方が、遥かに魅力的であり、イヴ・サンローランに対する冒涜とまで言い切れます。どんなに素晴らしいものでも、最安価に生産して、薄っぺらな言葉で飾り立てて商品を販売することが、ラグジュアリー・ブランドの販売のあり方であるならば、そんなラグジュアリー・ブランドは誰も欲しくなくなることでしょう。

    香りが良くても、量産型ボトルに封じ込められた〝失われた愛〟のフレグランス。間違いなく、ジャン=クロード・エレナも草葉の陰で泣いているでしょう。しかし、香りは、素晴らしいだけに残念!



    関連記事

    1. ベルガモット (ジャン=クロード・エレナ)
    2. エセンシア・ファム (アルベルト・モリヤス/エミリオ・バレロス)…
    3. ボア・ファリヌ (ジャン=クロード・エレナ)
    4. 【エルメス】コロン・エルメスの全て
    5. アンブル・ナルギレ (ジャン=クロード・エレナ)
    6. 地中海の庭 (ジャン=クロード・エレナ)
    7. タスカン・レザー (ジャック・キャヴァリエ、ハリー・フレメント)…
    8. ポメグラネート・ノアール・コロン (ビバリー・ベイン)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP