エルメス

イリス (オリヴィア・ジャコベッティ)

香水名:イリス Hiris オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:オリヴィア・ジャコベッティ
発表年:1999年
対象性別:女性
価格:100ml/20,952円
公式ホームページ:エルメス

エルメス HERMES イリス EDT SP 100ml【送料無料】【あす楽対応_14時まで】【香水 レディース】

価格:12,744円
(2019/6/13 08:09時点)
感想(46件)





★☆☆☆☆ 淋しげなアイリス

オリヴィア・ジャコベッティは「ジング!」「プルミエフィギエ」といった最高傑作をいくつか手がけている。両方ともラルチザン・パフュームの製品であり、実にすばらしい。彼女がいつもの手法をできるかぎり切り捨てて作っているためだ。いつもはさえなくて酸っぱい香調の繊細なフローラルだ。無香料の柔軟仕上げ剤で洗濯した服を思い出す。悲しいことに、イリスはこの代表作のひとつだ。全体的にそっけなくやつれた様相を加えた根のアイリスノートだ。ひど過ぎる。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:コリアンダー、カーネーション、アイリス、アンバー、アルデヒド
ミドルノート:アイリス、ネロリ、ローズ
ラストノート:蜂蜜、バニラ、シダー、アーモンド・ツリー



柑橘系が一切存在しない、上品なアイリスの香り。そのネーミングは、イリス(アイリス=菖蒲)と、ギリシア神話の〝虹の女神〟イリスを意味します。女神ヘラに対するイリスの忠誠心を称えた〝女のうなじ〟が示す美学を投影した香りです。

修羅雪姫』の上村一夫が描く、静かな情念に満ちた、どこか神秘的な和服美人の香りでもあります。

好まれる日本女性の本質を、全く意図せずにフランス人の女性調香師が、(アルデヒドによって蘇えりし)アイリスの香りに投影し、見事に描き出した香りです。オリヴィア・ジャコベッティによる調香です。

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP