究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【アレキサンダー マックイーン】キングダム(ジャック・キャヴァリエ)

その他
©Alexander McQueen
その他ジャック・キャヴァリエブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

キングダム

原名:Kingdom
種類:オード・パルファム
ブランド:アレキサンダー・マックイーン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2003年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/6,900円、50ml/8,500円、100ml/13,000円

スポンサーリンク

マックイーンの初フレグランス

©Alexander McQueen

©Alexander McQueen

アレキサンダー・マックイーンのブランド初フレグランスは、2003年3月17日(マックイーン自身の34歳の誕生日)に世界一斉発売されました(事のきっかけは、2000年12月、グッチ・グループがマックイーンの持株51%を買収し、ブランドの拡大を開始し、マックイーン・パルファムズを設立したことからでした。)。そして、この時、このフレグランスのディレクターをつとめたのが、若き日のキリアン・ヘネシーでした。

しかし、「キングダム」は、華やかなローズとジューシーなジャスミンの中に香り立つクミンという強烈な個性ゆえに、全く売れず、即廃盤となりました。時は過ぎ、今では、官能という言葉では生温い、肉欲の香りとして伝説となっているフレグランスです。

オリエンタル系のウッディー・スパイシー・フローラルの香りは、ジャック・キャヴァリエにより調香されました。

ルビーカラーのハート型のベネチアングラスを使用したボトル・デザイン。そのフォルムは、人間の心臓のようでありながら、スライスされた果実のようでもあります。そして、その中には〝もう一度、私のハートを射抜いてみて!〟の文字が書かれています。

ちなみにマックイーン・パルファムズ(マックイーンの香水部門)は、のちにP&Gに買収され、本作は、より無個性な形で再調香され、販売されました。世のオークションに出回っているものの多くは、このヴァージョンです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「キングダム」を「ヘビークミン」と呼び、「それがここでは香調が多過ぎて「アリュール」のドライダウンは大混雑?答えは、「ひとつが濃過ぎる」。キングダムが世に出ると、クミンの香りを皆が褒め称えた。クミンのせいでぼんやりとくすんだ香りになっている事実を弁解するかのように。無論、そんな弁解は通用しない。」と1つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:キングダム
原名:Kingdom
種類:オード・パルファム
ブランド:アレキサンダー・マックイーン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2003年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/6,900円、50ml/8,500円、100ml/13,000円


トップノート:カラブリアンベルガモット、シチリアマンダリン、チュニジアネロリ
ミドルノート:クミン、ローズペタル、ジャスミンペタル、ジンジャー、サンダルウッド、コパイバウッド、インディアン・ジャスミン
ラストノート:バーボンバニラ、インドネシアンミルラ

タイトルとURLをコピーしました