究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】アンブル ニュイ(フランソワ・ドゥマシー)

クリスチャン・ディオール
@DIORBEAUTY
クリスチャン・ディオールフランソワ・ドゥマシーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

アンブル ニュイ

原名:Ambre Nuit
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/14,850円、125ml/31,680円、250ml/45,100円
公式ホームページ:DIOR

スポンサーリンク

美女と野獣が惹かれ合う香り

@DIORBEAUTY

@DIORBEAUTY

「ラ コレクシオン プリヴェ クリスチャン ディオール」が、調香の微調整とボトル・チェンジを行い、名称も新たにフレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」として、リニューアルしました(元々は「ディオールオム・コレクション」という名称であり、本作はその4作目として誕生した)。

アンブル ニュイ」=「夜のアンバー」は、2009年に、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。ただし、このアンバーとは、アンバーとは別物のアンバーグリスのことを指します。

アンバーグリス(=龍涎香とは、マッコウクジラの腸内に発生する結石である)とターキッシュ・ローズという対極の香料をブレンドして創りあげられたデュマシー曰く「ふたつの究極が出会う香り。ある意味、美女と野獣を表現したような、強さと繊細さが対話し、対立する二者が惹かれ合う」とのことです。

アンバーグリスとローズによって生み出された、《18世紀の仮面舞踏会=ブルボン王朝の舞踏会》からインスパイアされた、静粛な夜に潜む官能を表現したミステリアスな香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アンブル ニュイ
原名:Ambre Nuit
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/14,850円、125ml/31,680円、250ml/45,100円
公式ホームページ:DIOR


トップノート:カラブリア産ベルガモット、グレープフルーツ
ミドルノート:ターキッシュ・ローズ、ピンクペッパー
ラストノート:ラブダナム、シダ、アンバーグリス、パチョリ、ガイアックウッド

タイトルとURLをコピーしました