究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】ジャドール トゥッシュ ドゥ パルファン(フランソワ・ドゥマシー)

クリスチャン・ディオール
©DIORBEAUTY
クリスチャン・ディオール
この記事は約5分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ジャドール トゥッシュ ドゥ パルファン

原名:J’adore Touche de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2015年
対象性別:女性
価格:20ml/13,750円

スポンサーリンク

ジャドール上級者向けのマサイのルング(長棒)

©DIORBEAUTY

ジャドール トゥッシュ ドゥ パルファンは、ジャドールをあなたの思いのままの香りにカスタマイズして身に纏う、嗜みへの招待状です。

フランソワ・ドゥマシー(ディオール公式ページより)

1999年にディオールが、アン・ゴットリーブの指揮の下、カリス・ベッカーにより生み出した「ジャドール」は、ノストラダムスの大予言を覆しました。それは恐怖の大王ではなく、世紀末の世に、愛を生む〝愛の女神の降臨〟として、ディオールの世紀末救世主伝説と呼ばれるほどのセンセーショナルなデビューを飾りました。

そして時が経ち、メゾン創立60周年、ジョン・ガリアーノ就任10周年を記念して、2007年に作られた≪完全無欠の≫ジャドール「ジャドール アブソリュ」が、ディオールの初代専属調香師に就任したてのフランソワ・ドゥマシーにより調香されました。その名の〝アブソリュ〟の通り、チューベローズ、イランイラン、ダマスクローズ、サンバックジャスミンといった4つの花々のアブソリュートがふんだんに使用されている実に華やかな香りでした。

さらに2010年には、黄金の輝きを与えた「ジャドール ロー」が、オード・パルファムよりさらに濃厚なエッセンス・ドゥ・パルファムとして誕生しました。その3年後の2013年に登場したのが、「ジャドール ヴォワル ドゥ パルファン」でした。その名も〝ジャドールのヴェール〟。香りのヴェールを身に纏うようなパウダリーなジャドール。このジャドールのディーバはアイリスでした。

そのまた2年後の2015年10月2日に発売されたのが「ジャドール トゥッシュ ドゥ パルファン」です。〝パルファンのスイッチ、筆触〟という意味を持つこの香りは、自分だけのオリジナルのジャドールを生み出すというコンセプトで作られた香りです。

そのキャップの先がアプリケーターになっており、キャップを回転させることでエッセンスを適量で吸い上げることが出来る作りになっています。つまりは、吹きかけてレイヤードするのではなく、身体のあらゆる部分に一滴ずつ塗っていくという、一滴の液体の中に凝縮された、花々の生命を素肌に感じ取ることが出来ます。

自分のための香りを生み出すということは、人によって、色々な香りを嗅覚で捉える、繊細さを持つ上質な天然の精油が使用されているということです。この渾身の一滴を、愛用しているジャドールやミス・ディオールと掛け合わせ、自分に相応しいスタイリングを見つけ出してゆくのです。

まさに喜びに満ちたフレグランス上級者にのみ使用することが許されたマサイのルング(長棒)とも言えます。

スポンサーリンク

SEXにもっとも近いジャドール、官能香水の傑作。

©DIORBEAUTY

©DIORBEAUTY

ジャドールの生命を、一滴の中に凝縮したこの香りは、素肌にほんの一滴この液体を流し込むと、インド産ジャスミン・サンバック、ダマスクローズ、チューベローズといった三種類のアブソリュートが、スリランカ産の天然のサンダルウッドと溶け込みながら、素肌の上で、シャンパンのように泡立ちながら、フルーティなフローラルブーケを伸びやかに開花させてゆくようにしてはじまります。

女性の五感を、華やかに刺激する花々の吐息のような甘さと、哀しみの涙のような苦さ、さらに、めまいを与える妖しさをひとまとめにした黄金の花蜜が、すべてをより魅力的にするアイリスの存在により、〝最も下品な行いを、最も上品に行う〟ように、悪魔のような美しさを開花していくのです。

それはまるで、素肌を滑り落ちた〝ジャドールの黄金の一滴〟が、あなたの蕾に滴り落ち、身体の奥底で受け止め、新しい感情に満たされていくようです。

重なり合うディオールの官能を、全身で受け止めていく贅沢な一滴。何よりも圧巻なのは、パルファムを点づけするのとはまた違う独特な感覚が広がっていくところです。これだけは体感してみないと分からない、愛する人と心と肉体を重ねあうような感覚が得られる〝黄金の一滴〟なのです。

間違いなくこの〝黄金の一滴〟が、愛する人の素肌を感じさせる理由は、植物性ムスクであるアンブレットシードの効力によるものでしょう。愛する人を抱き寄せるように身に重ね合わせたい香りです。

どこかゲランの「サムサラ」のパルファムを感じさせる香りです。ただし、こちらの方が、透き通るようなフレッシュグリーンのスズランのバックコーラスにより、静かな煌めきを温かな素肌に与えてくれるようです。冷たい肌と肌が重なり合い、ひとつになって温かな余韻に包まれる感覚があります。

疑いようのないほど素晴らしいジャドールです。これほどまでディオールとひとつになれる香りはありません。それほどこのオイルは、他に類を見ないほど素肌に溶け込んでゆくのです。あえてこのような表現を使わせて頂くなら、人生で最高の愛の営みを果たした後の、全身が無限の喜びに満たされているような感覚を得ることが出来る〝SEXにもっとも近いジャドール〟と言えます。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ジャドール トゥッシュ ドゥ パルファン
原名:J’adore Touche de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2015年
対象性別:女性
価格:20ml/13,750円


シングルノート:インド産ジャスミン・サンバック・アブソリュート、ダマスクローズ・アブソリュート、チューベローズ、スリランカ産サンダルウッド、イリス、ムスク、ハイビスカス、アンブレットシード