究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ドゥーブル ヴァニーユ(ジャン=ポール・ゲラン)

ゲラン
ゲラン ジャン・ポール・ゲラン ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ドゥーブル ヴァニーユ

原名:Spiritueuse Double Vanille
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:75ml/35,200円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

ジャン=ポール・ゲラン最後の香り

惑星の持つイメージと香料を関連付けてみると、サンダルウッドは太陽であり、サフランは木星(ジュピター)、そして、バニラは間違いなく金星(ヴィーナス)です。

ジャン=ポール・ゲラン

2005年、パリ・シャンゼリゼ通り68番地のゲラン本店のリニューアルオープンを記念して発売された「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクションは、時のクリエイティブ・ディレクター、シルヴェーヌ・ ドゥラクルトマチルド・ローランと共にジャン=ポール・ゲランの下で学んだ女性)によって生み出されました。

この〝世界で最も貴重な原料を使ってゲランのパッションを表現して欲しい〟というコンセプトにより生み出されるコレクションの第六弾として、2007年に発売された「ドゥーブル ヴァニーユ」は、元々はパリ・ブティック限定の香りとして、四代目ゲラン専属調香師ジャン=ポール・ゲランにより調香されました。

香りの名のフランス語の意味は「ダブルバニラの蒸留酒」です。バニラ・アイランドと呼ばれるマヨット島(コモロ諸島)のバニラを使用し、「女性の航海」をテーマにした香りです。

女性のための「宝島」のロマンの香り


弾けるようなベルガモットにピンクペッパーが軽やかに絡み合うトップノートを、スモーキーなフランキンセンスが包み込んでいきます。そして、ベースのマヨット産のバニラが、ラムと共にすぐに現れます。さぁ、航海の始まりです。

スモーキーかつスパイシーなバニラとラムの蒸留酒に、ふいに女性らしい馥郁なイランイランと、華やかなブルガリアンローズの香りが流れてきます。ここで、この香りのハイライトとも言えるジョン・シルバー船長であるシダーウッド(ラム酒の樽のような香りを放ちつつ)が、それぞれの香料の劇的な側面を引き出してくれるのです。

フローラルが減退していくにつれて、パウダリーなベンゾインがマヨット産バニラと見事なドライダウンへと導いてくれるのです。

毎日が冒険のバニラ」の香りです。それは毎日、全く違う香りがするバニラであり、毎日、新鮮な気持ちで身に纏うことが出来るバニラなのです。

ロマンという言葉は男性のためだけに存在するものではありません。航海や大冒険という言葉もしかりです。冒険心を忘れずに自分だけの宝島を持つ、世界中の女性に捧げられたジャン=ポール・ゲラン最後の香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ひどいバニラ」「鞘に入ったバニラを買ったことがある人は、それが近くではあまりいい香りがしないことを知っている。フルーティなラム酒調のちぐはぐな香調。匂いを嗅ぐとランチを食べる気も失せてしまう。ゲランは丁寧にも、見当違いな無意味でけばけばしい調合で、バニラの香りの短所を強調して見せた。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ドゥーブル ヴァニーユ
原名:Spiritueuse Double Vanille
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:75ml/35,200円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:ピンク・ペッパー、ベルガモット、フランキンセンス
ミドルノート:コモロ産イランイラン、シダー、ブルガリアン・ローズ、ジャスミン
ラストノート:ベンゾイン、マヨット島産バニラ、ラム

タイトルとURLをコピーしました