究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】ダン ラ ポー(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©KRISTIAN SCHULLER
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約13分で読めます。

ダン ラ ポー

原名:Dans la Peau
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2016年
対象性別:女性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

女と男を結びつける運命のレザー製の糸

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

私はずっと、花の持つそのままの魅力を保存することに興味がありました。もちろん、ヘッドスペース法で自然の匂いを再現することが出来るのですが、その技術には限界があります。

植物から最も純粋なエキスであるアブソリュートを得るためには、花を煮る必要があります。しかし、そうすることにより、その繊細さと美しさの源を殺してしまうのです。ジャスミンの本物の香りに勝るものはありません。ボトルに生花を入れるにはどうすればいいのか?長年考えてきた私の答えが、二酸化炭素で処理することでした。

ジャック・キャヴァリエ

2016年9月に、ルイ・ヴィトンが、70年ぶりにフレグランス=レ パルファン ルイ ヴィトン(一挙、7種類の香り)を発売しました。全ての香りを調香したのは、2012年にルイ・ヴィトンの専属調香師に就任したジャック・キャヴァリエです。

そのうちのひとつである「ダン ラ ポー」それは大人の男女がルイ・ヴィトン・ブティックを訪問し、愛を深め合うレザー・アイテムを交換し合う瞬間の香りなのです。

さて、このコレクション全七作品を通してのテーマは〝人生の旅、そして、感情(エモーション)の旅〟です。

それでは、ルイ・ヴィトンの香りの旅にあなたを誘(いざな)いましょう。最初に生み出された香り「ローズ デ ヴァン」は、船出の時に手にしないと行き先を見失ってしまう羅針盤のように、バラ色の人生に導いてくれるお守りのような香りです。

そして、次の香り「タービュランス」は、様々な困難もあれば出会いもある旅の最中をテーマにした香りです。立ちはだかる壁のように乗り越えて行かなければいけない試練や困難、出会った瞬間に心が乱気流に飲み込まれてしまうような〝恋に落ちる瞬間〟を描き出した香りです。

さて次の香り「ダン ラ ポー」の登場となります。いよいよ二人は恍惚感に包まれながら、初めての夜を迎えるのです。今回のコレクションにおいて、最も男女のフェロモンを刺激する「素肌に浸透する」禁断のスキン・パフュームの登場です。

※ 「ダン ラ ポー」は、2021年「タービュランス」と共に廃盤になりました(国内在庫がなくなり終了)。

ルイ・ヴィトンのハードトランクを開ける瞬間の香り

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

この香りには、もうひとつの意味もあります。旅には大切な物を入れて運ばなくてはいけない〝ハードトランク〟が必要不可欠です。それはただ荷物を運ぶだけでなく、あなたの大切な想い出をしまって置く事のできる宝箱にもなります。

開ける度にヌメ革や木枠の香りに包まれて、旅の記憶を呼び起こしてくれるのです。

ルイ・ヴィトンというブランドにとってレザーは全ての中心にあります。「ダン ラ ポー」の意味は「肌の中へ」です。そして、ルイ・ヴィトンにとっての肌とはレザーなのです。

つまり「ダン ラ ポー」とは、〝肌の内側に馴染んでくれるような香り〟でもあり、〝レザー(ヌメ革)の中にあなたの大切な旅の荷物や思い出を閉じ込めて、いつでも思い出させてくれる香り〟という意味も込められているのです。

ちなみにルイ・ヴィトンのフレグランスの外箱(四角いBOX)は上部から開けてボトルを出すのではなく、横から開けて出します。なぜわざわざ横向きに寝かせてから開ける仕様になっているかというと、それはハードトランクを開けるように開けてもらいたい為なのです。

これは〝このBOXを開けた瞬間から、あなたの香りの旅がはじまります〟という意味が込められており、それは2mlのサンプルにまで徹底されています。その開封の儀式ひとつとっても、ルイ・ヴィトンのルーツをきちんと感じることが出来るように考えられているのです。

スポンサーリンク

究極のルイ・ヴィトン・レザーは、アニエールにある。

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

1854年にルイ・ヴィトン(人名)が、ヴァンドーム広場近くのカプシーヌ通り4番地に、世界で初めての旅行用鞄の専門店を創業しました。そして、それから5年後の1859年にアニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構えました。

かの地に今も存在するアニエールの工房は、ハードトランク、希少なレザーやエキゾチックレザーを用いたデザイン、スペシャルオーダーといったルイ・ヴィトンの特別なアイテムを手掛けています。

ルイ・ヴィトンの専属調香師になったばかりのジャック・キャヴァリアは、約20年のキャリアにおいてはじめてのレザー・フレグランスを創造するため、そのきっかけを求め、ある小春日和に、アニエールの工房を訪れました。

そして、トランクやバッグに使用されているベージュカラーのナチュラルレザーの持つ柔らかな優しさに強く惹かれたのでした。

アニマリックではなく、〝まるで花のような香りがする〟その匂いに魅了されました。そして、そこにあるたくさんのナチュラルレザーの切れ端を目に留めました。かくして処分されるのを待っていた、それらのナチュラルレザーをグラースのアトリエ『レ フォンテーヌ パルフュメ』に送ってもらうことになるのでした。

この奇跡のナチュラルレザーの香りの誕生は、ルイ・ヴィトン・レザーの工房から生まれたのでした。

スポンサーリンク

レザーをアルコールに浸し、愛の香りを生み出す

©LOUIS VUITTON

「ダン ラ ポー」は、私にとってはじめてナチュラルレザーを使った作品でした。だからこそ私は昔ながらの方法でレザーの香水を作りたくありませんでした。ほとんどの香水のレザーは合成樹脂で作られています。

パイヤン・ベルトランド社で働く兄に50キロもの革の切れ端を送り、水蒸気蒸留法や古典的な抽出法で天然のレザーのエッセンスを抽出しようと試みたのですが、アニマリックであったり、どれもうまくいかず大失敗でした。

数週間の試行錯誤の後、代わりにアルコールにレザーを浸す注入(インフュージョン)法を試してみました。

そして、私が求めていた苦味やスモーキーさが突出していない驚くほど透明なレザーの香りが生み出されたのでした。遂にルイ・ヴィトンの天然皮革の香りを再現する完璧な方法を見つけたのでした。妻はこの香りを身につけるたびに、たくさんの褒め言葉が返ってきます。

ジャック・キャヴァリエ

アニエールの工房から発送され、2日後グラースに到着した50キロもの革の切れ端を、(キャヴァリエがずっと調香において信頼している)香料会社パイヤン・ベルトランド社に持ってゆき、数週間の試行錯誤の末に、どす黒い液体の香りの中に、求めていた全てが詰まっていると確信したのでした。

それは最初に適当なスモーキーノートが生まれるまでアルコールに浸け込まれ、ベンゾインのようにレジノイドに変化します。その黒い物質こそが本物のナチュラルレザーから誕生した香料なのです。

キャヴァリエは、アニエールの工房でナチュラルレザーの匂いを嗅いでから、一年以上の歳月をかけてレザーインフュージョン(キュイール・ドゥ・グラース)を作り上げました。

ちなみに、このナチュラルレザーのインフュージョン(浸出液)は「ミル フー」でも使用されています。

スポンサーリンク

「ギャロップ ドゥ エルメス」の15日後に発売された香り

©Hermès

「ダン ラ ポー」は、上質な本革のハンドバッグを持つあの瞬間・・・そして、その革が、自分の肌と馴染んでいることを全身で感じる感覚を香りによって再現しようと試みたとんでもない香りとも言えます。ラグジュアリー・バッグの本質が何であるかを、香りによって伝えようとした野心作です。つまりは使い込んでいくと、肌になじむ香りなのです。

VVN(ナチュラルレザー/ヌメ革)から抽出したレザーインフュージョンはルイ・ヴィトンが世界初なのですが、製品化されたのは僅かにエルメスの「ギャロップ ドゥ エルメス」の方が先でした。

ギャロップは2016年9月1日に発売され、こちらは9月15日に発売されました。

かなり誤解されているのですが、ルイ・ヴィトンの最初の7つの香りにおいて、レザーの香りを必ず使うことを念頭に置いてませんでした。

なぜならレザーは香水において扱いにくいノートだからです。レザーノートを作るために用意されている分子は、どれも非常に暴力的で、投与するのが難しいものばかりです。そして、動物性の素材も使いたくありませんでした。なぜならそれは今の香水にはそぐわないと感じているからです。

ジャック・キャヴァリエ

ちなみに最初に発表された7つの香りのうち「ローズ デ ヴァン」と「アポジェ」にはレザーノートは使用されていません。

スポンサーリンク

ルイ・ヴィトンのオーラに包まれた男女の香り

©KRISTIAN SCHULLER

©LOUIS VUITTON

「ダン ラ ポー」は、私の妻の匂いです。愛の匂いを無意識に再構築したのかもしれません。卓越したムスクとレザーの香りで官能性を表現したかったのですが、私は男性なので、粗野で誇張した感じになりすぎることを恐れました。

私はある種の繊細さをこの香りに与えています。それは、私の全キャリアの中で、官能性の表現という点で最も完成度の高い香水だと思います。自分が何に惹かれているのか、何を優先しているのかを表現しています。

ジャック・キャヴァリエ

はかない歓楽のあの一夜こそ呪はしい!と未来永劫後悔するようになる恍惚に包まれた呪わしい一夜。この一夜においては、二人の間に一切の禁止事項は存在しませんでした。

蜃気楼のようなウォーターノートの水面に映し出される、甘美なアプリコットの姿から「肌の中へ」突き進んでゆくこの香りははじまります。

すぐにルイ・ヴィトンのブティックであなたが一日販売員となり、レザーバッグを陳列しようとしているかのような錯覚を覚えるほどの柔らかなレザーの香りに包まれてゆきます。

「肌の中へ」それはルイ・ヴィトンというブランドをこよなく愛する人々の肌の中に浸透していくLVモノグラムの〝香りの刻印〟なのかもしれません。

アプリコットがレザーバッグに接吻しているような香りに包まれていく中、マグノリアの(レモンのような)フレッシュなクリーミーさによりふたつはひとつになり、そして、水仙のアブソリュートのグリーンな渋味(煙草のような)により、再びひとつがふたつになる時、愛が生まれるようにジャスミンがアプリコットレザーの上にジャスミンの花を咲かせるのです。

この香りのために二酸化炭素抽出法で抽出されたグラース産ジャスミンと、中国産ジャスミン・サンバックが使用されています。

〝花のような香りがするヌメ革〟を再現する為にただレザーインフュージョンを使用したのではなく、あくまで『女性の繊細な手で持つ、繊細なナチュラルレザー(ヌメ革)を表現する為に』白くてその滑らかな花びらを思わせるふくよかな二種類のジャスミンを使用したのでした。

そして、パウダリー、クリーン、アニマリック、フローラルなどの5種類もの官能的なムスクの合唱が肌を支配してゆきます。やがて、それらの魔法がフルーティなジャスミンと折り重なり、レザーの感覚を研ぎ澄まし、スエードレザーへと変えてゆくのです。「肌の中へ」と名づけられたこの香りの真意はふたつあるのかもしれません。

ひとつは、あなた自身が、ルイ・ヴィトンのブティックで存在感を放つレザーバッグのようなオーラを身に纏うという意味。そして、もうひとつは女と男のふたつがひとつになる意味・・・

スポンサーリンク

LVのスペシャリスト様のこの香りのイメージ

©LOUIS VUITTON

「ダン ラ ポー」は、〝ルイ・ヴィトン〟のエスプリを体現した香りであり、多面性がある香りです。ルイ・ヴィトンのどの香りよりも、静かに香ります。肌の一部のようにひっそりと密やかに、秘めやかに、まるで肌の内側に溶け込んでいくように・・・

そして、どの香りよりも最もルイ・ヴィトンらしさを感じられます。あなただけのハードトランクを開けた時の木枠の香り、滑らかで上質なヌメ革を手にした時の感触さえも伝わるような香りです。

レザーは持つ人の手の形に馴染んでくれるように、「ダン ラ ポー」は纏う人の肌にいつまでも寄り添ってずっと記憶に刻まれてゆきます。

「タービュランス」と同じくこの香りも、〝誰もがすぐに好きだと感じる香水〟ではありません。〝上質な物が分かる大人〟にこそこの香りを纏える、使いこなす事ができる香りだと思うので、この香りをご紹介する際は私たちも一呼吸置いて、「今からご紹介する香りは特別な方にだけ、特別な物が分かるお客様にだけご紹介する香りです」と前置きをして軽く演出をしてから香りに向き合って頂いていました。

一般的なレザーとLVのレザーインフュージョンは全くの別物というのを前提に、女性が「ダン ラ ポー」を纏った印象は、大人の女性の凛とした気品、そして知的で〝自分〟をきちんと分かっていらっしゃる方のイメージです。

スポンサーリンク

「ダン ラ ポー」を男性が身に纏うと・・・

©LOUIS VUITTON

レザー・フレグランスなので、もちろん男性との相性がとても良い香りです。

コニャックカラーのレザーシューズとお揃いのベルト、使い慣れたレザーの手帳カバー、滑らかで上品なレザーのバッグ。上質な物を長く愛用する、〝本物〟を知る男性の印象を与えてくれます。

スポンサーリンク

「ダン ラ ポー」の禁断のレイヤリング

©LOUIS VUITTON

タービュランス」とのレイヤリングは間違いなく相性が良く、美しい純白のグラース産ジャスミンが肌の上で咲いているようなイメージとなります。

ミル フー」も「ダン ラ ポー」同様にレザーインフュージョンが使われているためレイヤリングすると相性が良く、ジャック・キャヴァリエがパリ本店でラズベリーカラーの〝カプシーヌ〟を見た時に想起された香りだけあり、二つが重なると、ルイ・ヴィトン・ブティックにある木目の床やディスプレイカウンターに手を触れた時に感じる木の温もりまでも伝えてくれる香りとなります。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ダン ラ ポー
原名:Dans la Peau
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2016年
対象性別:女性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


トップノート:アプリコット、ウォーターノート
ミドルノート:グラース産ジャスミン、中国産ジャスミン・サンバック、中国産マグノリア、水仙
ラストノート:レザーインフュージョン、ムスク

タイトルとURLをコピーしました