究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ル ラボ】ビガラード18 香港(ル ラボ)

その他
その他 ブランド ルラボ 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ビガラード18 香港

原名:Bigarade 18 Hong Kong
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:不明
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円

スポンサーリンク

眠らないオーデコロン=不夜花露水




ルラボが出店している都市ごとの限定の香り「シティ エクスクルーシブ コレクション」。その中のひとつとして2019年に発売された香港限定の香りが、「ビガラード18」です。

1709年にドイツで発明された古典的なオーデコロンは、ベルガモットとネロリ、スパイスで構成されていました。そんなスパイスの部分をムスクとアンバーグリス(合成香料)に置き換え、香りの持続時間を良くしたのが「ビガラード18」です。

ル ラボの創設者のひとりエディ・ロスキー(グラース生まれニューヨーク育ち)の子供の頃(1980年代)の香りの想い出。それは家族と香港旅行し、映画『慕情』の舞台にもなったレパルスベイにあるレパルスベイホテルに長期滞在し、その廊下で感じた、潮風が運んでくれる百合と柑橘系の木々の心温まる香りでした。

そんな忘れ得ぬ個人的な香りの記憶に、古き良きものと、新しきものが出会う香港のイメージを重ね合わせ生み出されたのが「ビガラート18」です。

ベルガモットとネロリにほのかにアルデハイドを加え輝きを与えたトップノートからはじまります。すべての目的は、スピードが命である香港を象徴するように、それでいて不夜城=眠らない街であらねばならないスピード感と持続力を併せ持たせた奇跡的な香りの展開をこの「ビガラート18」は見せていきます。

百合の優しくも懐かしさを誘う純朴な香りが、ムスクとアンバーグリスを伴うシダーウッドの仄かに鋭い森の香りと、トップノートの二つの柑橘系との間に見事な緊張感と調和を生み出し、眠らないオーデコロンの創造を実現しているわけです。

もしあなたのル ラボのカウンターの近くに幸運にもフレデリック・マルがあるなら「アウトレイジャス」と「コロン インデレビル」との嗅ぎ比べをおすすめします。

香水データ

香水名:ビガラード18 香港
原名:Bigarade 18 Hong Kong
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:不明
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円


トップノート:ベルガモット、ネロリ
ミドルノート:、百合
ラストノート:ムスク、アンバーグリス、シダーウッド

タイトルとURLをコピーしました