エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

アーバンヒーロー (アントワーヌ・メゾンデュ/マリオン・コステロ)

その他
その他 ジミー・チュウ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:アーバンヒーロー Urban Hero オード・パルファム
ブランド:ジミー・チュウ
調香師:アントワーヌ・メゾンデュ、マリオン・コステロ
発表年:2019年
対象性別:男性
価格:30ml/7,260円、50ml/9,680円、100ml/12,980円
販売代理店ホームページ:大丸松坂屋オンラインショッピング


トップノート:レモンキャビア、ブラックペッパー
ミドルノート:パリサンダー・ローズウッド、ベチバー
ラストノート:アンバーグリス、レザー

ジミー チュウ アーバンヒーロー
created by Rinker

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画






スポンサーリンク

香水についての解説

ジミー・チュウのメンズ・フレグランスの歴史は、2014年に「ジミー チュウ マン」によってはじまりました。以後、派生した香りが3作品出ました。

そして、2019年9月にシリーズものではない、新しいメンズ・フレグランスが発売されることになりました。その名も「アーバンヒーロー」です。L‘ATLAS(ラトラス)というストリートアーティスとのコラボレーションにより生み出された香りであり、そのコンセプトは、都会でルールに縛られず、ミステリアスに生きるクールで反逆の男性像です。

そんな男性像を反映したというウッディ・アロマティックな香りは、ジボダン社のアントワーヌ・メゾンデュマリオン・コステロによって調香されました。



しかし、ここで質問です。ラトラスって誰?そして、ジミー・チュウのようなニッチ・フレグランスではないラグジュアリーシューズ・ブランドが、なぜ一人のアーティストを取り上げ、その人間の生き様を的にした香りを作ったのでしょうか?

「アーバンヒーロー」という名の答えが、都会に暗躍するストリートアーティストというのは、バンクシーの香りであればとても魅力的なのですが、であったとしても、ジミー・チュウがするべきではないテーマなのではないでしょうか。なぜなら今のジミー・チュウにはミステリアスなアーティスティックさは微塵も存在しないからです。

さて、香りの方は、恐らく史上初めて使用されるであろうレモンキャビア(別名、フィンガーライムまたはレモンキャビア)という珍しい柑橘系とスパイシーでアイシーなブラックペッパーの香りから始まり、ウッディなローズウッドとベチバー、そして、ラストは官能的なアンバーとスモーキーなレザーによるドライダウンという極めて平凡な香調です。

上半身を鎧で固めたようなボトルデザインは、ストリートアーティストが使うメタリックペイントをイメージしたフラスコ型のガラスボトルであり、ボトルの上半分がミラー加工のクローム仕上げを施されたメタルで覆われています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました