ゲラン

シャリマー (ジャック・ゲラン)(2ページ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香水データ(シャリマー 香水)

香水名:シャリマー Shalimar パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ジャック・ゲラン
発表年:1925年
対象性別:女性
価格:7.5ml/16,600円、30ml/40,000円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:シトラス、マンダリン・オレンジ、シダー、ベルガモット、レモン
ミドルノート:アイリス、パチョリ、ジャスミン、ベティバー、ローズ
ラストノート:レザー、サンダルウッド、オポポナックス、ムスク、シベット、バニラ、インセンス、トンカ・ビーン

【★未使用★】《送料込》  GUERLAIN 『shalimar/シャリマー/7.5ml』 PARFUM/パルファム/パルファン/エクストレ/EXTRAIT/ボトルタイプ/テイルボトル/香水/フレグランス/ゲラン/女性用/レディース 25886bK0159 @【中古】

価格:12,800円
(2019/6/10 01:29時点)
感想(0件)

香水広告フォト&動画

1935年。

1939年。

1962年。

1963年。

1975年。

1976年。

1982年。

1985年。

1986年。

1987年。ガブリエル・ラズール

1993年。

1995年。ヘザー・スチュワート・ホワイト

モデル:アニー・モートン。1997年。フォトグラファー:ヘルムート・ニュートン。

モデル:シャローム・ハーロウ。1999年。フォトグラファー:パトリック・デマルシェリエ。

1999年。

モデル:シャローム・ハーロウ。2000年。フォトグラファー:パトリック・デマルシェリエ。

モデル:フェルナンダ・タヴァレス。2001年。フォトグラファー:アニー・リーボヴィッツ。

モデル:ブレンダ・コスタ。ブラジルの聾唖のスーパーモデル。2004年。

ナタリア・ヴォディアノヴァ。2008年。

モデル:シャローム・ハーロウ。1998年。

モデル:フェルナンダ・タヴァレス

モデル:ナタリア・ヴォディアノヴァ。2010年。

1920年代から50年代のボトル・デザイン。

ルカ・トゥリン

★★★★★ 本物のオリエンタル

これを書くために椅子に座るまで、何年もの間シャリマーを手にして匂いを嗅いだことがなかった。そして、たいへんな衝撃を受けた。前回の記憶はアンバーバニラ調のドライダウンのまま色褪せてしまっていた。この豪華な赤紫色のベルベットのようなほのかな香りが、「パリの夜」を思わせる。目の前に新年にライトアップされるエッフェル塔が見えるかのようだ。「私がバニラを調香するとクレーム・アングレーズになるが、ゲランの場合はシャリマーになる」。エルネスト・ボー(シャネルNo.5の調香師)がいったこのジョークは、この秀逸な香水は実はシンプルなものであることに気づかせてくれる。私はこのシャリマーから、第一次世界大戦中の戦艦に描かれた偽装を想起する。近くから見るとやたら大胆で鮮やかだが、遠くからは見えにくい塗装である。この香水も、近寄ると強いウッディ・スモーキーな香りと強いアニマリックノートの香りで、一週間は長持ちしそうだ。しかし、遠く離れるひときわ広い範囲でバニラ調のアンバーが香るだけだ。だからシャリマーは、適度な距離を置いたときにこそ効果的だ。香水をつけた後、すぐに男性と腕を組んでタクシーに乗りに行くのには適していない。かといって、食後のデザートの延長のような寝室用フレグランスにも適さない。この独特の甘さと身にしみるような旋律は、ディナーパーティでこそ巧妙に注目を集めることができる。香りを掻き消してしまうような騒々しいパーティには向かない。静か過ぎるのもいけない。供される素敵な料理と共鳴し合う適度なにぎやかさのあるパーティに最適だ。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

世界最高峰の〝見えない宝石〟シャリマー。

ルールブルーで黄昏の香りを表現しえた男ジャック・ゲランは、シャリマーで女性すべてに敬意を表す香水をつくり出すことに成功した。心を奪われた男の女性へのオマージュである。きっと、これをまとう女性に出会えば男はふと立ち止まって声をかけずにはいられないはずだ。

ロジャ・ダブ

おおよそフレグランスの名前において、「シャリマー」ほどの素晴らしい響きを持つフレグランスもそう多くは無いでしょう。この作品をきっかけにゲランは、狂乱の20年代に、アメリカ進出を果たし、世界のゲランへの道を歩むことになるのです。この香りは、すぐに脳内にインプットされる分かりやすい香りではなく、あくまでも重厚なクラシック音楽のような、心構えの必要な香りです。そして、香りにはおおよそ二種類のものに分類されると言うことを私たちは知ることになります。

1.軽く触れたい香り
2.本格的に溺れたい香り

そして、この2に該当する香りこそが、〝見えない宝石〟と呼ぶに値する香りなのでしょう。

形に残せる永遠の愛と、記憶を呼び覚ます永遠の愛。

シャリマーをまとうことは、感覚の波に自らを任せることだ。

ジャック・ゲラン

インドのみならずイスラーム文化の代表的建築物タージ・マハール。ノーベル文学賞も受賞したインドの詩人タゴールが「それは時間という頬の上に留まる一粒の涙のごとくたたずむ」と称した、総大理石で作られたこの建築物は、一人の男性の愛妻に対する深い愛情から生み出されたものでした。その男の名は、シャー・ジャハーン(1592-1666)。ムガール帝国の第五代皇帝です。1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのために、約20年かけて作られました。国王の王妃がこれほどの霊廟に祭られたことは、歴史上どの国にもない稀なことです。

シャーと愛妃は戦争においても平和においても決して離れず、ムガール帝国の最盛期を作り上げたのでした。そんな二人のロマンスこそが、西欧の東洋に対する神秘を表現しうる題材だと感じ取り、ゲランの三代目専属調香師ジャック・ゲランにより、1921年に生み出された香りが、「シャリマー」です(短期間だけ販売され、ニューヨークの上流婦人の間で、ゲラン夫人がつけたこの香りが話題になり、1925年に再販されることになった)。シャリマーとはサンスクリット語で、〝愛の宮殿〟を意味します。そして、このフレグランスこそが、世界最初のオリエンタル・ノートの香水です。

1985年には、60周年を記念して、ルサイト(透明のアクリル合成樹脂)製のボトルで再販されました。

バニラに、生命力を与えたゲラン。

パキスタンにあるシャーラマール庭園とその噴水。

これほど大量のバニラの香りだと、私ならアイスクリームしかつくれないところだ。しかし、それをジャック・ゲランは傑作の香水にした。

エルネスト・ボー(シャネルNo.5の調香師)

レイモン・ゲランがボトル・デザインを担当しました。1642年にシャー・ジャハーンが亡き愛妃ムムターズ・マハルのために建築したシャリマー庭園(シャーラマール庭園、パキスタンにある)の噴水をイメージした扇形の透明なサファイア色のキャップと、ムガール帝国のストゥーパ(仏塔)をモチーフにしたバカラ製のクリスタルガラスで作られたボトルです。そして、それが1925年にパリ万国博覧会(別名・アール・デコ博覧会)にて最高賞を受賞しました。

「ジャック ・ゲランは、当時の新素材エチルバニリンという合成香料を大胆に使い、「ジッキー」のノートとブレンドしました。そして出来上がった素晴らしいカラメル色の液体を、日夜を惜しんで磨き上げました。」(公式ホームページより)。「ジッキー」にもっとたっぷりバニラを加えたらどんな香りがするだろうと考えたことからこの香りの不思議な魅力は誕生しました。

スポンサーリンク

ページ:

1

2

最新の投稿

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP