クリスチャン・ディオール

ウード イスパハン (フランソワ・ドゥマシー)

    香水名:ウード イスパハン Oud Ispahan オード・パルファム
    ブランド:クリスチャン・ディオール
    調香師:フランソワ・ドゥマシー
    発表年:2012年
    対象性別:ユニセックス
    価格:40ml/12,420円、125ml/28,080円、250ml/39,420円
    公式ホームページ:ディオール




    シングルノート:樹脂、ミルラ、ダマスクローズ、ラオス産スモーキーウード

    ウード イスパハンは、オークルの壁に囲まれたオリエンタルの宮殿の扉を開いた時、思わずその芳香に圧倒されてしまうような香水です。燃える木のスモーキーな調べが、清らかな手に掬われた甘いフローラルウォーターと交わります。ローズ、フランキンセンス、樹脂が漂い続ける、艶やかで心地よい世界の香り。咲き乱れるオリエントのローズのように、なめらかでセンシュアルな香水です。

    フランソワ・ドゥマシー

    ラ コレクシオン プリヴェ クリスチャン ディオール」が、調香の微調整とボトル・チェンジを行い、名称も新たにフレグランスコレクション「メゾン クリスチャン ディオール」として、リニューアルしました。そして、「ウード イスパハン」も、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより微調整されました(2012年に調香したのも彼自身でした)。

    「ウード イスパハン」のイスパハンとは、ダマスクローズの一つであり、ピエール・エルメでも有名なピンク色のマカロン生地に、ライチとフランボワーズにバラの風味を加えたクリームをサンドしたスイーツの名でもあります。しかし、この香りは、「ウード」が冠されているように甘い香りではありません。

    若き日のクリスチャン・ディオールが東洋のバザールを旅した折に衝撃を受けた香りからインスパイアされたオリエンタル・フローラルのこの香りは、ローズとウードのバランスが絶妙であり、男性的なウードの強さからこの香りにビロードのような女性らしさを与えています。

    なにかあの幼き日に見た悪夢のような映画「ミッドナイト・エクスプレス」のオープニングを想起させるイスタンブールの香りとも言えます。まさに21世紀の千夜一夜フレグランスの傑作のひとつです。

    このボトルカラーと香りのギャップがまた素晴らしいのです。2010年に発売され、好評となった同コレクションの「レザー ウード」のローズ・ヴァージョンとも言えます。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP