その他

N°5 パルファム (エルネスト・ボー)

スポンサーリンク

香水名:N°5(No.5)パルファム N°5 Perfume パルファム
ブランド:シャネル
調香師:エルネスト・ボー
発表年:1921年
対象性別:女性
価格:7.5ml/14,000円、15ml/24,000円、30ml/38,000円
公式ホームページ:シャネル

シャネル 香水 未開封 NO.5 パルファム ボトルタイプ 7ml フレグランス 中古 CHANEL ナンバー5 P BT

価格:3,748円
(2019/8/17 14:35時点)
感想(0件)





★★★★★ パウダリーフローラル
ニースからそう遠くない小さな港町ヴィルフランシュ=シュル=メール(グレース・ケリーの『泥棒成金』で登場したコート・ダジュールの保養地)に住んでいたころ。ときおり近くのマリーナへ足を運んでは、桟橋のなかほどに泊まっている3m弱の木製スループ帆船を眺めていた。帆船はたいてい覆いの下に隠され、白く塗られたフェンダーで囲われていた。船はシルヴェストロと呼ばれる地元のボート職人がペアで造ったうちの一艘で、彼の最後の作品であり、建造に述べ一万四千時間が費やされた。帆船のオーナーが乗船しているときには帆船の全容を拝むことができた。船体は物がもつ美しさを超え、直視できないほど実にすばらしかった。このような傑作がほかにもある。ロンドン、ジョン・ロブのショーウィンドーで一度見かけた、黒とグレーの女性用ローファー。そして私の主治医が身につけ、それについては一切何も明かさない、実際の大きさの3分の2に縮小されたプラチナ時計。それからもう少し手の届くところでシャネルN°5パルファムだ。フレグランスはまれに、宙に浮く香りの分子を自分の指で透けるかのような、思わず釣り込まれる立体効果を発揮することがある。オリジナルの「リヴ ゴーシェ」「ビヨンド パラダイス」は比較的に新しい例だが、この2つは今でもフローラルの香りだとわかる、ソフトで腐敗しやすい原料でつくられている。「N°5」はミニマルアートの彫刻家コンスタンティン・ブランクーシだ。私が知っているフレグランスの中でも、滑らかでどこまでも続く曲線と、欲望をくすぐってやまない黄金色の量感という、愛さずにはいられない魅力があり、トップノートから残香にいたるまで、眠そうなヒョウがしなやかに身体をのばすような場面を思い描かせる。もちろん、五体満足の人間が両手両足をきちんとそろえているのと同じように、このパルファムにはローズ、ジャスミン、そしてアルデハイドが含まれている。だが細かいところばかりを気にして、フレグランスのうんちくを語るためにこの香りを嗅ぐ人たちは、ご免こうむりたい。― ルカ・トゥリン

ビューティー産業とフレグランス産業はずいぶん長い間女性たちをだまし、お粗末な商品を華やかなパッケージにつつんで高値で買わせ、ついには純粋に質の良い商品でさえ、まともにとりあってもらうのがむずかしくなる始末。その証拠に、必ずといっていいほど聞かされるくだらない質問がある。シャネルN°5がベストセラーであり続けているのはフレグランスの実力か、それとも、マーケティング戦術のおかげか?巧妙なマーケティングで私たちは商品を一度は買うかもしれない、けれど2度目は無いといっていい。マリリン・モンローがつけていたからという理由だけで私たちがシャネルN°5をつけるわけじゃない。理由はマリリンと同じ。ゴージャスだから。知名度も低く、そのほとんどが廃盤になった類似品とN°5の決定的な違いは、類いまれなN°5の配合にあり、脂肪族アルデハイドとして知られる、合成香料を多量に使用すること。これは単独だと刺激が強すぎるのだけれど、アルデハイドを除いた残りのウッディフローラルは、濃厚で、印象の強い、爽やかな純白の輝きを添えていて、当時はほかにもたくさん出回っていた香水の構成とよく似ている。アルデハイドの配合量については、ラボの技術者が思索中に起こした思わぬ失敗からだとも、あるいは、シャネルの才気溢れる調香師エルネスト・ボーがこの一案を思いついたからだともいわれている。真相はつきとめられないけれど、彼らがフレグランスの未来を変えたのは確かなこと。とはいっても、あれから数えられないほどのアルデハイディック・フローラル調が市場に参入して、その影響は石鹸の配合にまで及び、もう石鹸の香りでしかないと思うものまである。シャネルN°5は今でもこれまで以上に際立っている。では、どうして?それはN°5の美しさを保つために、企業が全力を尽くしているから。しかも、ほかに名の通った香水が、過去に勝ち得た栄光を徐々に失っているにもかかわらず。つまり、数知れないほかのフレグランスと一度は共有した要素が、今では差別化に役立っている。

何年も前にシャネルは自社用のジャスミン園とバラ園を購入するという賢い選択をした。原料の買い取りでもかなりうるさいことでも知られている。すごいのは、その年によって天然原料の品質が変動するにもかかわらず、念入りかつ定期的な調整によりN°5はN°5としての香りを保ち続けていること。今私の右手首には1950年代以前の、そして左手首には最新のN°5パルファムがつけられている。ムスクは変わっているし(古いほうのニトロムスクなんて、すごく雄大な香り)、ビンテージもののトップノートは損なわれている(煙臭いオフノートに、かすかな焦げたバターの香り)。でも、15分後にはどちらもほとんど同じ香りになる。まさに1921年に生まれた近代主義の彫刻作品。しかもあなたも身につけられる傑作だ。この香水にはゲランの「シャリマー」や「夜間飛行」といった「フサのついたベルベットのクッション」の豪華さはまったくないし、「タバ ブロン」や「ナルシソ ノワール」のきわどい奇抜さもない。それに「フラカ」「バンディ」のドラマチックさもない。理想的な比率で調香された奇跡の作品といえるし、どの一片も、大理石のような滑らかな肌ざわりと、重厚感をたずさえ、とがったところもよけいな毛布装飾もなく、完璧な構成と質感を携えたモニュメントといえる。これでも香水が芸術でないという人がいる。― タニア・サンチェス

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

★★★★☆(2009年版) アイリス・ローズ
アテネ国際空港の免税店で試してみたとき、あまりにひどかったのでロンドンへ戻るとすぐに1瓶買って、ルカ・トゥリンと一緒に嗅いでみた。結果は?まず嬉しいお知らせから。アテネ空港にあった試供品は管理が悪くて香りが飛んでいただけで、2009年版もちゃんといい香りがするし、昔のスタイルを守っている。次に悲しいお知らせ。誰かが森の生態系を乱してしまったのか、大切なムスクのバランスが崩れている。ローズとイランイランももはや匂わない。感じられるのは、もっぱらアルデハイディック・シトラスと、甘いウッディな香りだけで、時間がたつと最近の「バガリ」とほぼ同じ香りになる。それでも素晴らしいし、個性的でもあるけれど、なめらかな香りの推移や明るさは失われた。製造元の公式発表では、使用禁止になったニトロムスクを抜いたほかは何の変更も加えられていないとか、今後も変更予定はないらしいが、どうなりますことやら。― タニア・サンチェス

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:アルデヒド、ネロリ、イランイラン、ベルガモット、レモン
ミドルノート:アイリス、ニオイイリスの根茎、ジャスミン、スズラン、ローズ
ラストノート:アンバー、サンダルウッド、パチョリ、ムスク、シベット、バニラ、オークモス、ベチバー

1955年に撮影されたマリリン・モンローとN°5。

N°5と言えばその究極は「パルファム」にあります。その成り立ちについては詳しくは「N°5シリーズの全て」をお読みください。

その香りは、花の香りではなく、女性の香りを調香して欲しいというガブリエル・ココ・シャネルの要望に応える形でシャネルの初代専属調香師エルネスト・ボーにより生み出されました。

1921年に、ガブリエルの前に、ボーが完成した試作品のガラスの小瓶が、1から5、20から24のラベルをつけて10本並んでいました。そして、それらを一通り試香した彼女は迷いなく5番の小瓶を選び出したのでした。そして、1921年5月5日にパリ・カンボンのシャネルのブティックにてN°5は発表されたのでした。

グラース産のジャスミンとローズドメを筆頭に80種以上の天然香料(ムスク、シベットといったアニマリックも含む)に、合成香料アルデハイドがブレンドされた斬新な香調が、ネロリからはじまる心地よいパウダリー感とともにフローラルブーケを香りだたせます。以後、この香りの系統はフローラル・アルデハイドと呼ばれるようになります。

香水を調香するために使う香料は三種類に大別できます。花の香り、植物の根や樹皮や樹脂から採取する香り、そしてアニマリックな香り。これらの香料をたっぷりと使っているのがN°5でした。そのセクシーさの由来は、この香水の基本構造、つまりアルデハイドのはじける爽やかさと、素肌と汗の匂いによるものなのです。

シャネル No.5 パルファム SP 15ml【シャネル 香水】CHANEL シャネルNo.5パルファム SP スプレー 15ml【未開封】香水

価格:6,480円
(2019/7/9 12:28時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP