シャネル

N°5 オードゥ パルファム (ジャック・ポルジュ)

スポンサーリンク

香水名:N°5(No.5)オードゥ パルファム N°5 Eau de Parfum オード・パルファム
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュ
発表年:1986年
対象性別:女性
価格:50ml/12,000円、100ml/17,000円
公式ホームページ:シャネル

【送料無料】 シャネル NO.5 オードパルファム EDP ヴァポリザター 35ml 香水 【国内未発売容量】 【佐川急便指定】 【メール便(ゆうパケット)対象外】 【あす楽_土曜営業】

価格:8,100円
(2019/7/11 21:49時点)
感想(0件)




★★★★☆ 途中でやめたアルデハイド調
このオードパルファム、実はパルファムやトワレのどちらとも違うフレグランスなのだ。モダンな「N°5」として、1980年代にジャック・ポルジュによって作り出された。80年代のフレグランスという以外、現在もモダンな域から少しもはずれていない。オードパルファムを腕にスプレーすると、感じのいいアルデヒディックなスタートと、フローラルハートの後、かすかにポリサントールが香りはじめ、「サムサラ」のオイリーで驚くほど永続性のあるサンダルウッドのドライダウンへと続く。とはいえ、このような新参者の合成香料が、1921年の市場で取引きされずによかった。なにしろ、ベン・ハーがチャリオットレースでロレックスを身につけていたくらいの絵図になるからだ。本物がほしいのであれば、これを買っても無駄な気がする。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:アルデヒド、ネロリ、イランイラン、ピーチ、ベルガモット
ミドルノート:ジャスミン、スズラン、ローズドメ、アイリス
ラストノート:マイソール・サンダルウッド、パチョリ、バーボン・バニラ、オークモス、ベチバー

たとえば、日本人はそれほどN°5が好きではなく、他のシャネルのフレグランスの方が好まれているということも事実なのです。

ジャック・ポルジュ

N°5と言えばその究極は「パルファム」にあります。その成り立ちについては詳しくは「N°5シリーズの全て」をお読みください。

グラース産のジャスミンとローズドメを筆頭に80種以上の天然香料に合成香料アルデハイドがブレンドされたN°5の香調に対して、シャネルの三代目専属調香師ジャック・ポルジュが、新たなる解釈で1986年に再調香したのが、「N°5 オードゥ パルファム」なのです。

ピーチの香りがフローラルを引き立て、「パルファム」よりも円やかで柔らかなパウダリー感に包まれ、ベースのバニラとサンダルウッドがより甘く香り立ちます。

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP