究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ル シヤージュ 京都【全国フレグランス聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
全国フレグランス聖地ガイド 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ル シヤージュ 京都

聖地指数 ★★★★★(2020年6月更新)
場所 京都・東山
京都市東山区中之町205-2 WILLPARK神宮 1F
公式インスタ
オンラインストア

フレグランス初心者にも神対応してくれる日本最高のフレグランス専門店。そして、フレグランス販売員及びフレグランスに関わる仕事に従事しているならば、年に一度は巡礼すべき聖地。
スポンサーリンク

フレグランス巡礼地とフレグランス聖地の違い

日本には四つのフレグランス巡礼地が存在します。

  1. 新宿伊勢丹巡礼
  2. 銀座巡礼
  3. 梅田阪急巡礼
  4. 心斎橋ー難波巡礼

これらを四大巡礼とするならば、日本には、フレグランス聖地という、巡礼地に飽き足らず、更なるフレグランスへの探究心を満たす究極の旅があります。

  1. パルファン サトリ
  2. ルラボGINZA SIX
  3. キリアン/フレデリック・マル/ルラボ 大阪タカシマヤ
  4. ルイ ヴィトン 大阪御堂筋

そして、もうひとつこのルシヤージュ京都様こそが、2020年現在の日本の五大フレグランス聖地とも言えるのです。その聖地である条件は以下の3つです。

  1. 現場責任者のフレグランスIQの高さ
  2. 満足できる商品ラインナップ
  3. 接客空間の充実

ルシヤージュ様に対する感想はただ一言「神対応」

中でも、ルシヤージュ京都様は、これからのフレグランス販売の在り方を実に謙虚に模索しておられるお店だと思います。代表であり、接客を行ってくれるフレグランス・スペシャリストである男性の方は、まだ若く、「革命児」と言っても差し支えないほどに素晴らしい接客をされます。

彼が最近始めているインスタライブの説明と、フレグランスを説明しているYOUTUBERのフレグランスIQの差を見比べてみると大変興味深いです(ある方は、本物とまがい物の違いがよく分かったと、一気にフォロワーであることをやめたとおっしゃられていました)。

そして、「読香文庫」という香りと本を結びつけた新しい試みも同世代の各分野で活躍するクリエイターの方々と共に行っています。

関西では、梅田と心斎橋のカセドラルと唯一ここだけが、パルファン サトリを取り扱っており、本格的なフレグランスの説明を受けたい場合は、ここで説明を受けるのが一番だと思います。

何よりも彼の素晴らしいところは、他のブランドのフレグランスに対しても勉強熱心であり(もちろんヴィンテージ・フレグランスに対する愛も深く、同世代で凝り固まる事もなく、香りの知的好奇心のアンテナは常に広くもっておられる)、もちろん自身のストアで扱っているフレグランスに対しては物語性をもって香りを説明できるという点です。

接客スペースがあり、ドリンクまで出してくれ、マンツーマンで丁寧に香りの接客をして頂けるという体験をしてしまうと、この店舗に入ったときと、出たときとでは、フレグランス戦闘値のスカウターが振り切れるほどに高まったことを自分自身で実感できるものです。

フレグランス販売員及び業界人にとっても今では聖地と呼ばれているお店です(でありながら、フレグランス初心者の方にとっても神対応のお店=ココがすごく重要)。

恐らく、NOSE SHOPは本当は、この方のようなスタンスで販売すべきだったのでしょう(今のNOSE SHOPはラインナップばかり増えすぎていて、フレグランスへの愛よりも、乱雑さばかりが目に付くようになっています)。

そして、メゾン クリスチャン ディオールセルジュ・ルタンス銀座も、この方のようなカウンセリングを行うべきでしょう。

追記:私は、ル シヤージュ様に訪問する前に山元麺蔵でお昼を食べるようにしています。

 

タイトルとURLをコピーしました