シャネル

チャンス (ジャック・ポルジュ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

香水名:チャンス Chance Eau de Toilette オード・トワレ
ブランド:シャネル
調香師:ジャック・ポルジュ
発表年:2003年
対象性別:女性
価格:35ml/7,000円、50ml/9,000円、100ml/14,000円
公式ホームページ:シャネル

【未開封品 50ml】 CHANEL シャネル チャンス 香水 オードトワレ

価格:7,344円
(2019/6/12 20:52時点)
感想(0件)











★★★☆☆ フローラル・オリエンタル

「ココ・マドモアゼル」の成功に驚き、その未完成なところに少々気まずさを感じていたシャネルの当事者たちは、偶然手にしてしまった成功を今度はしっかり狙って獲るつもりで仕事に舞い戻った。でき上がったのはココ・マドモアゼルVer2.0、またの名をチャンス。けれども、手がけるに値しないことは、立派に仕上げる価値もない。居もしないピルトダウン人とデートするのでもなければ、おすすめしない。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:パイナップル、アイリス、パチョリ、ピンク・ペッパー、ヒヤシンス
ミドルノート:ジャスミン、レモン、ローズ
ラストノート:ムスク、インドネシア産パチョリ、バニラ、ベチバー

2003年に「チャンス」シリーズの第一弾として発売された記念すべきフレグランス。シャネルNo.5とは対照的なラウンド・ボトルが特徴的です。予測不能な刻々と変化するその香りは、シャネルの専属調香師ジャック・ポルジュによる調香です。

ピリリとスパイスを効かせたフレッシュなパイナップルの果汁の、飛び散るような爽やかな香りからはじまります。やがて、一転して甘いジャスミン、アイリス、ヒヤシンスのフローラルな香りがやって来ます。最後には再び、ムスクと共に、パイナップルが「ラスト・スタンディング」します。全体的に冷やしたパインアメを舐めている様な香りです。


『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(2013)にも出演したファッション・モデル・アン・ヴィアリツィナがキャンペーン・モデルをつとめました。ジャン・ポール・グードがプロデュースした最初のキャンペーン・フォト(ボトルにアンが抱きつく官能的なものと、美脚を誇示して横たわる享楽的なもの)とキャンペーン・ムービーが本当に素晴らしいです。

ヴェネツィアを舞台に、エラ・フィッツジェラルドの「Taking A Chance On Love」のカバー・ソングに合わせて、ウィスパー・ヴォイスの男性が、「チャンスを掴め!さぁ、掴むんだ!」と囁くのです。最後の「Take It」がエロすぎます。そうなんです。チャンスは一瞬なのです。その一瞬を掴まなければ、全ては何も起こらないのです。

2007年に亡くなったシャネルのアーティスティック・ディレクター・ジャック・エリュによるラウンド型のボトル・デザインも秀逸です。



カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP