究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【グタール】サーブル(アニック・グタール)

その他
©Goutal Paris
その他アニック・グタールブランド調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

サーブル

原名:Sables
種類:オード・パルファム
ブランド:グタール
調香師:アニック・グタール
発表年:1985年
対象性別:男性
価格:未発売

グタール GOUTAL サーブル オードパルファム テスター アウトレット EDP SP 100ml ユニセックスボトル 【訳あり香水】【あす楽休止中】【送料無料】【割引クーポンあり】

価格:8,470円
(2022/3/20 10:10時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

音大生時代の恋、別離、再会…そして、永遠の愛。

©Goutal Paris

かつて二人は音大生の頃、恋に落ちました。それはピアニストを目指す女性とチェリストを目指す男性の燃えるような恋でした。しかし、女性は、ピアニストを断念し、スウィンギング・ロンドンで熱気に満ちていたイギリスにファッション・モデルとして渡英するのでした。

時は経ち、男性はチェリストとして大成し、お互いに別の人と結婚しました。しかし、さらに数年の時が流れた後、離婚していた二人は衝撃的な再会を果たしたのでした。その女性の名をアニック・グタールと申します。そして、男性の名はアラン・ムニエと申します。

二人は再婚し、アニックが癌で死去する1999年まで添い遂げることになるのですが、アニックは、1985年に最愛の夫のための香りを作りたいと思いました。その名は「サーブル」。それは二人がよく休暇を過ごしていた〝愛を育んでくれた島〟コルシカ島の砂浜の香りでした。

スポンサーリンク

世界初のイモーテル(ヘリクリサム)の香り

©Goutal Paris

コルシカ島に咲くイモーテル。

「サーブル」とはフランス語で〝砂浜〟の意味です。コルシカ島で自生するイモーテルが主役のこの香りは、ゆっくりと愛を深めていった二人を象徴するような甘くて苦い温かみからはじまります。

太陽に温められた砂浜の上に横たわる二人に、近くで咲くイモーテルの花の香りが、潮風に乗ってやって来ます。それはまるで焦がしたメープルシロップ/燻したコーヒー/粘り気のあるカレーのようです。すぐにスパイシーなシナモンによりリキュールのような高揚感が与えられてゆきます。

塩辛い香りを運ぶコルシカの海面は、アンバーの太陽の光が反射して眩しいぐらいに、きらきら輝いています。やがて、日焼けした肌のようなクリーミーなサンダルウッドが注ぎ込まれ、ドライなイモーテルはより円やかな甘さを解き放ってゆきます。

そこに、底から立ち上るように香り立つドライなペッパーとスモーキーなブラックティーが、イモーテルの甘さと結びつき、愛する男性が抱擁する一瞬を、〝燃えるような砂〟の香りに投影させた甘い余韻で包み込んでくれます。

本格的にイモーテル、別名ヘリクリサム(ギリシャ語の太陽+黄金が語源)が使用された香りです。後にフランシス・クルジャンによるディオールの「オー ノワール」、セルジュ・ルタンスの「ジュドゥポー」、エタ リーブル ド オランジェの「ライク ディス こんなふうに」が生み出されるきっかけになった香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「サーブル」を「イモーテル・アンバー」と評し、「〝砂〟という名の香水。1985年にグタールがオリジナルを発表したことは、私を含めた誰もが彼女の最高傑作と評したものだ。」

「香りはイモーテルの焦がし砂糖のようなノートの代表例だ。イモーテルはどの処方でも突出してしまうので、グタールは型どおりのスイートアンバーをシンプルかつ巧みに台座として配置し、バランスを取ったのだ。」「みごとな独創性のある確かな香水。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サーブル
原名:Sables
種類:オード・パルファム
ブランド:グタール
調香師:アニック・グタール
発表年:1985年
対象性別:男性
価格:未発売


トップノート:イモーテル、シナモン
ミドルノート:ペッパー、ブラックティー
ラストノート:アンバー、サンダルウッド

【訳あり】 グタール サーブル EDP オードパルファム SP 100ml テスター 【液体に変色有り】 香水 GOUTAL

価格:8,520円
(2022/3/20 10:05時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました