特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

リベルテ (オリヴィエ・ポルジュ/ドミティーユ・ベルティエ)

その他
その他 オリヴィエ・ポルジュ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。

香水名:リベルテ Liberte オード・トワレ
ブランド:キャシャレル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ、ドミティーユ・ベルティエ
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:日本未発売

キャシャレル リベルテ EDT オードトワレ SP 30ml (香水) CACHAREL

価格:2,000円
(2019/8/9 14:17時点)
感想(0件)





★★☆☆☆ ハードキャンディ

もしも石のように硬いオレンジ味のキャンディに夢中でなめ続けて、頬の内側がクレーターのようになってしまったら、リベルテのトップノートがどのようなものかわかるだろう。情けないほどよくある誇大広告で、幸先のいいスタートを切ったものの、すぐに失速し、後には甘ったるいウッディアンバーのアコードだけが残った。今にも吐き気がしそう。身につけても差し支えないのは発売記念のパーティくらいだろう。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:ベルガモット、アマルフィ・レモン、ビター・オレンジ、オレンジ、マンダリン・オレンジ、フリージア
ミドルノート:シュガー、ホワイト・フラワーズ、プルメリア、ガーデニア、ヘリオトロープ、マーマレード、ホワイト・ハニー
ラストノート:香辛料、パチョリ、バニラ、ベチバー

2007年から2008年のほんの一瞬、キャシャレルのアーティスティック・ディレクターをイーリー・キシモトがつとめていた時代に発表された、「自由の香り」と打ち出されたシトラス・フローラルの香り。オリヴィエ・ポルジュドミティーユ・ベルティエによる調香です。

キャンペーン・モデルとしてジゼル・ブンチェンが起用されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました