究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【キャシャレル】リベルテ(オリヴィエ・ポルジュ/ドミティーユ・ベルティエ)

その他
その他オリヴィエ・ポルジュブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

リベルテ

原名:Liberte
種類:オード・トワレ
ブランド:キャシャレル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ、ドミティーユ・ベルティエ
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:日本未発売

キャシャレル CACHAREL リベルテ EDT SP 30ml 【香水】【あす楽】【割引クーポンあり】

価格:1,529円
(2020/4/22 14:37時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

この香りの名は、オレンジ自由国


Cacharel Liberté

2007年から2008年のほんの一瞬、キャシャレルのアーティスティック・ディレクターをイーリー・キシモトがつとめていた時代に発表された、「自由の香り」と打ち出されたシトラス・フローラルの香りです。

「思春期のピュアな精神と気まぐれな小悪魔な感性を持ち続ける女性」のための香りということですが、香り自体は、オレンジを握りつぶしたようなジューシーさにパチョリが絡み合うトップノートからはじまり、オレンジがより甘味を増し、フローラルで補強されたようなミドルを経て、バニラの甘さとスモーキーを伴ったベチバーとの調和の中、温かいドライダウンを迎えます。

オリヴィエ・ポルジュドミティーユ・ベルティエによる調香です。キャンペーン・モデルとしてジゼル・ブンチェンが起用されました。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「リベルテ」を「ハードキャンディ」と呼び、「もしも石のように硬いオレンジ味のキャンディに夢中でなめ続けて、頬の内側がクレーターのようになってしまったら、リベルテのトップノートがどのようなものかわかるだろう。」

「情けないほどよくある誇大広告で、幸先のいいスタートを切ったものの、すぐに失速し、後には甘ったるいウッディアンバーのアコードだけが残った。今にも吐き気がしそう。身につけても差し支えないのは発売記念のパーティくらいだろう。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

香水データ

香水名:リベルテ
原名:Liberte
種類:オード・トワレ
ブランド:キャシャレル
調香師:オリヴィエ・ポルジュ、ドミティーユ・ベルティエ
発表年:2007年
対象性別:女性
価格:日本未発売


トップノート:ベルガモット、アマルフィ・レモン、ビター・オレンジ、オレンジ、マンダリン・オレンジ、フリージア
ミドルノート:シュガー、ホワイト・フラワーズ、プルメリア、ガーデニア、ヘリオトロープ、マーマレード、ホワイト・ハニー
ラストノート:香辛料、パチョリ、バニラ、ベチバー

【最大500円オフクーポン!】キャシャレル リベルテ EDT スプレー 30ml キャシャレル CACHAREL【あす楽休止中】 香水 レディース フレグランス ギフト プレゼント 誕生日

価格:1,628円
(2020/8/28 09:58時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました