究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】アンボワバニール(バニラの木)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

アンボワバニール(バニラの木)

原名:Un Bois Vanille
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2003年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/22,000円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ

セルジュルタンス SERGE LUTENS アンボワバニール オードパルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:900円
(2022/6/11 11:58時点)
感想(3件)

セルジュ ルタンス アンボワバニール オードパルファム (バニラの木)1.5mL [ SERGE LUTENS ]★ お試し ブランド 香水 アトマイザー ミニ 選べる サンプル

価格:1,190円
(2020/11/11 18:27時点)
感想(20件)

スポンサーリンク

地獄の業火で焼かれた〝アステカ帝国のバニラ〟

©Serge Lutens

セルジュ・ルタンスより、2003年に誕生した「アンボワバニール」は、フランス語で〝バニラの木〟の意味です。この香りは、2018年3月21日に「コレクションノワール」の中に組み込まれました。オリエンタル・バニラの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

バニラという香料ほど、人間の悪魔のような所業の果てに生み出された香料はないでしょう。

バニラは、メキシコの東沿岸に住むトトナコ族により、栽培がはじめられました。やがて15世紀にアステカ帝国が、トトナコ族を征服したことにより、バニラはアステカの手に渡りました。

アステカ帝国の9代目皇帝モンテスマ2世(1466-1520)は、バニラとココアと香辛料をブレンドした飲み物、ショコラトルを黄金の杯に注ぎその魅力の虜でした。

しかし1521年に、大虐殺の末に、アステカを征服したスペイン人の手に渡ることによって、ヨーロッパにバニラが伝道されることになりました。

そして、1602年に、英女王エリザベス1世の薬剤師ヒュー・モーガンが、バニラ風味の砂糖菓子を考案し、それを女王が珍重したことから、バニラは大流行するのでした。18世紀には、フランスでアイスクリームの香味料としてバニラが重宝されるようになりました。

バニラの花はハリナシバチ=「貴婦人の蜂」によってのみ受粉させられるのですが、1841年にレユニオン島の12歳の奴隷の少年が人工授粉の方法を考案し、それまでメキシコがバニラ生産を独占していた状況が一変し、以後フランスの植民地を中心に栽培されるようになり、今に至ります。

そして、1874年にバニラの主要成分である有機化合物バニリンの合成に成功します。かくしてバニラは、黄金の地位から転げ落ち、人々にとってより身近なものへと変化を遂げたのでした。

スポンサーリンク

黒いバニラが生み出す「究極のグルマン」

アステカ人も崇拝したテオティワカンの太陽のピラミッド

セルジュ・ルタンスが、「究極のグルマン」として生み出したこの香りは、アステカ帝国のバニラが放つ、得も言われぬ純粋にして高貴、そして甘美な芳香をボトルに封印したものです。

かつて、アステカ帝国によって、黄金以上の価値を与えられたバニラの栄光を称えるべく、荘厳たるスパイシーさに満ちたブラック・リコリスの苦みに、キャラメル(ベンゾイン)が滴るバニラからこの香りははじまります。まさにクレームブリュレの焦げたカラメル(またはドゥルセ・デ・レチェ)のようです。

すぐにうっとりするようなココナッツミルクが贅沢に注ぎ込まれ、ミルキーさを増します。さて、この香りのバニラは非常に高価なバニラが使用されています。それは全てのバニラのルーツであるメキシコ産のブラックバニラです。

このミルキーなバニラに、アニマリックなビーズワックスが塗りこめられ、だんだんとクリーミーなサンダルウッドのウッディさが重なり合う瞬間こそが、この香りの魔法の瞬間です。グルマンとウッディの奥底からリコリスのスパイシーさがツンと鼻腔に突き抜けてゆくのです。

さらにトンカビーンとビターアーモンドがパウダリーな香ばしい甘さを、そして、ガイアックウッドがスモーキーさを加え、バニラに透き通るようでありながら、奥行きもある神秘性を与えてゆくのです。

肌に乗っかかるような甘ったるさを一切感じさせない、リコリスのスパイシーさとサンダルウッドのウッディさを従わせた、〝大地を征服する、静かなる情熱を宿す黄金のバニラ〟の香りです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「「ボワ デ ジル」の登場以来、調香師たちはドライで簡素な木の香りを甘い食べ物のような香りと組み合わせようとしてきた。この香水も同じで、ウッド、アンバー、ローズ、ミルク、バニラ、リコリスの香りをぎゅっと詰め込んで目指したのは、地球上でいちばん複雑な香りの場所、そうコーヒーショップの雰囲気だ。」

「甘いムスク調のアンバーと、それに絡み合うアーモンド、アニス、ルタンスの香水にはよくあることだけれど、つけるのはむずかしい。でも試してみる価値は大いにある。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アンボワバニール(バニラの木)
原名:Un Bois Vanille
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2003年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/22,000円
販売代理店ホームページ:ベルコスメ


シングルノート:サンダルウッド、ブラックリコリス、ココナッツミルク、ビーズワックス、ビターアーモンド、ムスク、バニラ、ベンゾイン、ガイアックウッド、トンカビーン

セルジュルタンス SERGE LUTENS アンボワバニール EDP 50ml [123419]

価格:13,800円
(2022/6/11 11:59時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました