オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン46 『戦争と平和』4(2ページ)

    作品名:戦争と平和 War and Peace (1956)
    監督:キング・ヴィダー
    衣装:マリア・デ・マッテイス
    出演者:オードリー・ヘプバーン/アニタ・エクバーグ/ヘンリー・フォンダ/メル・ファーラー/ヴィットリオ・ガスマン/ハーバート・ロム/ジェレミー・ブレット



    珍しく野暮ったいオードリーの衣裳。

    本作中最も洗練されていないオードリーらしからぬファッション。

    そして、そういった野暮ったい服装の美女を女たらしは逃しません。

    デコルテの美しい女性にこのネックレスはいただけません。

    女たらしとは、自信のない美女を見抜く才能のある人のことを言います。

    自分でメイクを直すオードリー。

    ボツになったヘアスタイル。とても綺麗です。

    ナターシャ・ルック11 グレー・シュミーズドレス
    • グレーのシュミーズドレス、パフスリーブ、ハイウエスト
    • ネックレスとバングル
    • ヘッドアクセ
    • グレーのオーガンジーロンググローブ

    黒とグレーの着こなしがとても上手なのがオードリー・スタイルの特徴です。そして、これらのファッションの時には、オードリーはほとんどアクセサリーをつけません。

    しかし、社交界にデビュー仕立ての洗練されていないお嬢様という役柄上、このドレスにおいてのみ、オードリーはごてごてにアクセサリーをつけています。センスの良い女性には、女たらしは近づいてきません。女たらしが、女性に対してまずすることは、その女性の隙を見つけることです。アナトーリーがナターシャを見る目はまさにそういう目つきでした。



    リトル・ブラック・ドレス

    厳密に言うとダークグリーンのベルベットドレスです。

    珍しく痛々しいまでに胸を寄せているオードリー。

    アニタ・エクバーグと共に休憩中。それにしてもデカいアニタの胸。

    オードリーには、この美しいデコルテがあります。

    そして、あらゆる女性の心を掴むサイド・シルエット。長い首と小さな顔。そして、素晴らしいドレス。

    ぱっつんにしてもとても可愛いです。

    オードリーのみが持つこのシルエット。

    ナターシャ・ルック12 リトルブラックドレス
    • 厳密にはリトル・ダークグリーン・ドレス、スクエア・カット、コットンベルベット
    • ティアラ

    そして、黒を着るオードリー、アクセサリーはティアラ以外全くなし。これこそ、オードリースタイルの真骨頂です。その美しい首筋とデコルテ自体が最上級のアクセサリーであり、どんな宝石も不要なのです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. オードリー・ヘプバーンのすべて【1929-1950】(2ページ)…
    2. グレタ・ガルボ1 『グランド・ホテル』2(2ページ)
    3. ジェーン・ラッセル1 『紳士は金髪がお好き』5 (3ページ)
    4. ローレン・ハットン3 『アメリカン・ジゴロ』7(2ページ)
    5. ダイアン・キートン2 『アニー・ホール』2(2ページ)
    6. オードリー・ヘプバーン10 『ティファニーで朝食を』1(4ページ…
    7. オードリー・ヘプバーン12 『ティファニーで朝食を』3(2ページ…
    8. ブリジット・バルドー2 『素直な悪女』1(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP