究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『戦争と平和』Vol.8|アニタ・エクバーグのローマの栄光

その他
その他女を磨くアイコン映画女優
この記事は約5分で読めます。

そして、アニタには『甘い生活』がやって来きます。

エレンは自分の魅力を前にすると、どんな男も抗えないと考えていました。だから男を愛さずに利用してきました。そのような女性にとっての不幸は、いざ男に愛されたいと願っても愛されないことです。本作では省略されていますが、原作での彼女の末路は、劇薬にもがき苦しみながら死ぬ惨めなものでした。

しかし、エレンを演じたアニタ・エクバーグ(1931-2015)は、この作品の4年後にフェデリコ・フェリーニ監督の『甘い生活』に出演することにより、世界中の男性の憧れの存在になったのでした。

アニタ・エクバーグの愛犬を可愛がろうとして無視されてしまうオードリー・ヘプバーン(可愛すぎる!)。

スポンサーリンク

エレンのファッション4

デコルテドレス
  • エメラルド色のスパンコールデコルテドレス
  • 豪華なティアラとイヤリングとネックレス

モスクワの宮殿は、イタリア・ローマのチネチッタ撮影所にセットが再現され、テヴェレ川の岸沿いに組まれました。それは実物以上に荘厳であり、1967年に撮影されたソ連版『戦争と平和』よりも本物らしいと言われました。

ニコライを演じるジェレミー・ブレットは、後にシャーロック・ホームズで有名になりました。

チネチッタがモスクワになった1955年。

すごく豪華なティアラとネックレスです。

ティアラの造形がよく分かる写真。

スポンサーリンク

エレンのファッション5

部屋着
グリーン色のシュミーズ、胸部に白のレース

悪女の本能を剥き出しにした瞬間。

すごい部屋着です。

スポンサーリンク

エレンのファッション6 アイコニック・ドレス

イブニングドレス
  • 黄土色のイブニングドレス、ネックラインに沢山の花飾り
  • 白のスペイン扇子
  • 豪華なイヤリングとネックレス
  • 薔薇のヘッドアクセ
  • 白のサテンのロンググローブ

撮影当時、オードリーは26歳、アニタは23歳から24歳でした。ちなみに設定ではアニタが年上です。

エレンにとってオペラグラスとは、オペラを見るものではなく、殿方を見定めるためのもの。

エレンは、その美貌により社交界の花形となるが、性格は軽薄そのものでした。

自分の美しさに溺れてしまった人。

スポンサーリンク

エレンのファッション7

ホワイトドレス
  • ギリシャ風ホワイトドレス
  • 豪華なイヤリングとネックレス
  • ワンショルダーにロングストール

原作では弟アナトーリとの関係も実に怪しい関係です。

そして、原作では、劇薬を服毒して死にます。そこには中絶のために劇薬を飲んでしまい死んでしまったことが暗示されています。

休憩中のオードリー・ヘプバーンとアニタ・エクバーグ。

作品データ

作品名:戦争と平和 War and Peace (1956)
監督:キング・ヴィダー
衣装:マリア・デ・マッテイス
出演者:オードリー・ヘプバーン/アニタ・エクバーグ/ヘンリー・フォンダ/メル・ファーラー/ヴィットリオ・ガスマン/ハーバート・ロム/ジェレミー・ブレット

タイトルとURLをコピーしました