オリヴィエ・ポルジュ

【シャネル】ブルー ドゥ シャネル・シリーズの全て

スポンサーリンク

【シャネル】ブルー ドゥ シャネル・シリーズの全て

All About Bleu de Chanel
公式ホームページ



「ブルー」と「エゴイスト」は正反対のメンズ・フレグランスです。「エゴイスト」は女性のフレグランスから触発されたフレグランスなのですが、「ブルー」には女性的な要素は一切存在しません。メンズ・フレグランスとは、依然シェービング・クリームの影響下にあります。そして、ブルーはそういった要素を全て詰め込んだものなのです。そこには、一切のファンタジーは存在しない香りなのです。

ジャック・ポルジュ

2006年に発売されたエルメスの「テール・ドゥ・エルメス」は、一瞬にして、世界中(特に欧米)の男性を虜にしました。そして、1999年以来発売されていたシャネルの「アリュール オム」シリーズは、そのあおりを受けて苦戦するようになりました。

そんな中、打倒「テール・ドゥ・エルメス」の旗印の下、11年ぶりのシャネルのメンズ・フレグランスとして、2010年に生み出されたのが、「ブルー ドゥ シャネル」だったのです。

三代目シャネル専属調香師ジャック・ポルジュにより調香されたウッディ・アロマティックの香りは、さして新鮮味のない香りなのですが、そのマーケティング戦略は明確でした。ジャック・エリュによるクールなボトル・デザインも含めて、それは今までフレグランスに興味のなかった男性を取り込むためのフレグランスとして創造されたのでした。

そのため、香りにかける予算よりも、遥かに膨大な予算を、マーティン・スコセッシギャスパー・ウリエルに投入し、日常生活の中で人々が接するあらゆる広告媒体にキャンペーンフォトを登場させ、ごく平凡な万人受けする香りとクールな広告イメージ、さらに意図的に、女性が使用しても違和感のないパートナーと共有できるフレグランスとして、調香されたことによって、マーケティングの勝利を勝ち取ることに成功したのでした。

フレグランスに対してまだ詳しくない男女層をターゲットにした「はじめてのシャネル」の香りです。

ただし、ひとつだけ特筆すべきなのは、平凡な香りでありながら、香料は一級品であるということです。まさに、エルメスの「テール・ドゥ・エルメス」だけでなく、ドラッグ・ストアに売られている模倣フレグランスを、その品質の良さで駆逐すべく生み出された、シャネルによるメンズ・フレグランスの民主的政権交代の画策は、かくして見事に成功したのでした。

スポンサーリンク

ブルー・ドゥ・シャネル三部作

2018年


ブルー・ドゥ・シャネル パルファム

2014年


ブルー・ドゥ・シャネル オードゥ・パルファム

2010年


ブルー・ドゥ・シャネル

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP