究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2018-06

オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.5|オードリー・ヘプバーンとヘンリー・フォンダ

この時、ヘンリー・フォンダは、10代の娘ジェーン・フォンダとピーター・フォンダをローマに連れ、撮影に臨んでいます。当時、世界で最も〝享楽の都〟と言われたローマでの滞在の経験が、二人の将来の映画人生に多大なる影響を与えたのでした。
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.4|オードリー・ヘプバーンとリトルブラックドレス

本作の衣裳デザイナーであるマリア・デ・マッテイス(1898-1988)について、少し語りましょう。イタリアの舞台及び映画の衣裳デザイナーである彼女は、本作においてアカデミー衣装デザイン賞カラー部門にノミネートされました。
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.3|オードリー・ヘプバーンと舞踏会ドレス

この作品は、今でこそ日本では知名度の低いオードリー・ヘプバーンの主演作『緑の館』として『許されざる者』に並び立つ存在になっていますが、公開当時、日本では1956年度の配給収入の第4位を記録し、50年代から70年代にかけてオードリー・ヘプバーンの代表作の一つでした。
スポンサーリンク
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.2|オードリー・ヘプバーンと軍服の男たち

オードリーがどの作品においても教えてくれる〝モードの極意=美の極意〟とは、決して、自慢せず、一歩引いたエレガンスを演出することが、結果的に、一歩前に押し出されたエレガンスになるということです。
オードリー・ヘプバーン

『戦争と平和』Vol.1|オードリー ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィ

オードリーは、『麗しのサブリナ』の次の作品としてレフ・トルストイの名作に出演することを選んだのでした。それはオードリー初のスペクタクル超大作であり、カラー作品でした。1956年、世界中の人々は、〝永遠のプリンセス〟をカラーで拝謁する光栄に預かるのでした。
エルメス

【エルメス】カルダムスク(クリスティーヌ・ナジェル)

2004年からスタートした『エルメッセンス』の十四作目として2018年6月に発表されたのが、コレクション初のエッセンス・ドゥ・パルファムである「カルダムスク」です。エルメスの二代目専属調香師クリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。
和を知る

『隠し砦の三悪人』 日本の美18(3ページ)

作品データ 作品名:隠し砦の三悪人 (1958) 監督:黒澤明 衣装:加藤昌廣 出演者:三船敏郎/上原美佐/千秋実/藤原釜足 ほとんど何の役にも立たない二人の百姓の物語 のちにジョージ・ルーカスが『スター・ウォー...
エルメス

【エルメス】ミュゲ ポースレン(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、『エルメッセンス』の十三作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによるフローラルな香りの「ミュゲ ポースレン」です。この作品がエルメスにおいてのエレナの卒業フレグランスでした。
エルメス

【エルメス】キュイール ダンジュ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした『エルメッセンス』の十二作目として発表されたのが、「キュイール ダンジュ」です。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナのエルメスのレザーの香りをフレグランスにするという夢を10年目にして遂に実現させた香りです。
エルメス

【エルメス】エピス マリン(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の十一作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによるアロマティック・スパイシーな香りの「エピス マリン」です。
エルメス

【エルメス】サンタル マソイア(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の十作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「サンタル マソイア」です。
エルメス

【エルメス】イリス ウキヨエ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の九作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「イリス ウキヨエ」です。
エルメス

【エルメス】ヴァニーユ ガラント(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の八作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「ヴァニーユ ガラント」=「華麗なるバニラ」です。
エルメス

【エルメス】ブラン ドゥ レグリス(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の七作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「ブラン ドゥ レグリス」です。
エルメス

【エルメス】パプリカ ブラジル(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の六作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「パプリカ ブラジル」です。かなり特徴のあるグリーン・フローラルの香りです。
エルメス

【エルメス】オスマンサス ユンナン(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の五作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「オスマンサス・ユンナン」です。
エルメス

【エルメス】ベチバー トンカ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ポワーブル サマルカンド」、「アンブル ナルギレ」、「ローズ イケバナ」と共に同年に第一弾として発売されました。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる調香です。
エルメス

【エルメス】ローズ イケバナ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ポワーブル サマルカンド」、「アンブル ナルギレ」、「ベチバー トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる調香です。
エルメス

【エルメス】ポワーブル サマルカンド(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ローズ イケバナ」、「アンブル ナルギレ」、「ベチバー トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる調香です。
エルメス

【エルメス】アンブル ナルギレ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ローズ イケバナ」、「ポワーブル サマルカンド」、「ベチバー トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました