エルメス

パプリカ・ブラジル (ジャン=クロード・エレナ)

    香水名:パプリカ・ブラジル Paprika Brasil オード・トワレ
    ブランド:エルメス
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:2006年
    対象性別:ユニセックス
    価格:100ml/33,480円





    ★★☆☆☆ 蒸発するペッパー

    ジャン=クロード・エレナの洗練された構成のひとつだが、この作品は度が過ぎた。パプリカ・ブラジルはとても半透明でとらえにくいため、調香師がいうように「試香紙に吹き付けた香りから探す」ことになる。ペッパー・ペッパーのアコードは、その役割を十分に果たしているが、あまり興味をもてないし、しまいには安っぽいグラーブワインから漂う、トウガラシのオフノートのような香りがする。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    トップノート:ピメント、クローブ、パプリカ
    ミドルノート:アイリス、緑葉
    ラストノート:モクセイソウ(木犀草)、銘木、ブラジル産レッドウッド

    かてつヨーロッパで布を赤く染色するために使用されたブラジルの木。その木の香りが、私にパプリカ、ブラジリアン・ペッパーを連想させました。そこに、アイリスとモクセイソウとペッパーを織り交ぜることによって、控えめで主張しすぎない香りとなったのです。

    ジャン=クロード・エレナ

    2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の六作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「パプリカ・ブラジル」です。かなり特徴のあるグリーン・フローラルの香りです。

    すべてのエルメッセンスに共通しているのは、ひとつの香料に対する限界に対する挑戦なのです。例えば、パブリカ・ブラジルにおいて私は嗅覚に対してでなく、舌の上でピメントの燃えるような感覚を知覚で感じ取れるような香りを創りたいと挑戦したのでした。

    ジャン=クロード・エレナ




    関連記事

    1. オー・ドゥ・ナルシス・ブルー (ジャン=クロード・エレナ)
    2. 【エルメス】コロン・エルメスの全て
    3. ホワイトジャスミン & ミント・コロン (デビッド・アペル)
    4. アパラシオン (フランシス・クルジャン/フランソワーズ・ キャロ…
    5. オリンピア (アン・フリッポ/ドミニク・ロピオン/ロク・ドン)
    6. 154コロン (ジョー・マローン)
    7. ローズ・アブソリュー (クリスティーヌ・ナジェル)
    8. バニラ & アニス・コロン (セリーヌ・バレル)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP