特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

【ブルガリ】ヴェリディア(アルベルト・モリヤス)

アルベルト・モリヤス
アルベルト・モリヤス ブランド ブルガリ 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:ヴェリディア Veridia オード・パルファム
ブランド: ブルガリ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2018年
対象性別:女性
価格:100ml/41,580円


トップノート:ガルバナム、アンジェリカ、ベルガモット、イトスギ、オレンジ、セージ
ミドルノート:インセンス、ジャスミン、ペッパー
ラストノート:バーボン・バニラ、パチョリ、アンバーウッド、ダーク・チョコレート

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画

香水についての解説

ブルガリのレ ジェンメ レアリ・コレクション三部作の一つとして2018年に発売されました。

ヴェリディアという名は、ラテン語でグリーンを意味する「viridis」から付けられました。ビザンティン帝国の庭園をイメージした、ガルバナムとバニラ、インセンスの間のコントラストを生かした香りです。クレオパトラに愛された世界四大宝石の1つであるエメラルド(帝政ローマにおいては、ダイヤモンド、真珠に次ぐ第三の宝石として称えられた)を、香りにしたらどんな香りになるだろうか?という発想で生まれた香水です。

ちなみにブルガリにおけるエメラルドとは、1950年代に、ターコイズとアメジストとの革新的な組み合わせにより、世界中のセレブリティーに衝撃と賞賛の嵐を巻き起こした、〝新たなる神秘性〟を生み出した宝石でした。

オリエンタル・ウッディ・スパイシーの香りは、アルベルト・モリヤスにより調香されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました