究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】オンブレ ノマド(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約6分で読めます。

オンブレ ノマド

原名:Ombre Nomade
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/50,600円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

ルイ ヴィトン初のオリエンタル・パフューム

©LOUIS VUITTON

私はルイ・ヴィトンで、中東の人々が賛同しないウードの香りを作るつもりはありませんでした。つまり西洋のブランドから見たウードではなく、本当に中東から来たウードの香りを作りたいと思いました。

ジャック・キャヴァリエ

中東ではどの家の玄関にも、少なくとも20種類以上の香水が揃えられたトレイが置いてあります。フランスの香水、ルイ・ヴィトン、シャネル、純粋なアラビアの香水、そしてウードが入ったごく小さな瓶が1つか2つ。

男性も女性も若い頃からそれを見ています。だから、彼らは香水が大好きなのです。子供の頃、両親が外出の直前に香水をつけているのを見て、自分も若い頃から香水をつけるようになるのです。

ジャック・キャヴァリエ

2016年9月に、ルイ・ヴィトンが、70年ぶりのフレグランスであるレ パルファン ルイ ヴィトン(一挙、7種類の香り)を、ルイ・ヴィトンの専属調香師に就任したジャック・キャヴァリエの調香により発表しました。

そして、2018年5月31日に、ブランド初のメンズ・フレグランスを5種類同時に発表しました。

そのすぐ後の、同年8月3日より、松屋銀座&表参道店限定で発売されたのが「幻のルイ・ヴィトン」と呼ばれる中東向けに作られた「オンブレ ノマド」でした(ちなみに5月4日から7月末までドバイでのみ販売されていた)。このコレクションは、後に「オリエンタル・パフューム」と呼ばれ、シリーズ化されることになります。

2022年11月現在、オリエンタル・シリーズは、表参道店、松屋銀座店、渋谷メンズ店、並木通り店、御堂筋店、神戸店、阪急メンズ店などの一部店舗でのみ取り扱われています。

調香とは、愛を育むことと同じです。考え過ぎると死んでしまいます。つまり、直感と合理性の絶妙なバランスが求められるのです。合理的でなければならない時もあれば、感情的で直感的でなければならない時もある。だから、香水作りは恋のようなものなのです。つまり、いくつかのステップを経て、炎を維持するようなものなのです。

ジャック・キャヴァリエ

「オンブレ ノマド」とはフランス語で「遊牧民の影」という意味です。それは砂漠への旅をイメージした香りであり、香料の中でも最も神秘的な成分の1つ、ウードに特化した香りです。この香りのプロトタイプは同年に発売された「ヌーボー モンド」でした。

2018年8月当時最も高価な香りであり、マーク・ニューソンがデザインしたボトルのカラーが、この一本だけはダークカラー(ダークブラウン)でした。それはまさに『ルイ・ヴィトンの影』と呼びたくなるほどにルイ・ヴィトンのダークサイド(暗黒面)を映し出した香りのようでもありました。

スポンサーリンク

本物のウードを使用した、妥協なきウードの香り

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

香りはとても力強く、「ヌーボー モンド」と同じく、ウード・アッサムを使用しています。でも、この成分の濃度はこちらの方がとても高いのです。もちろん、とても高価なものですが、5回シャワーで流しても落ちない香りだと言えます。私は、濃度を西欧向けにして、中東のウードの調香スタイルを冒涜したくはなかったのです。

ジャック・キャヴァリエ

暗黒の砂漠の波切り進む中、終に太陽が現れた。太陽の光彩が砂漠を灼熱で包み込む前に〝影〟のように進むのだ!この香りの名は、「オンブレ ノマド」。さあ、漆黒のヒジャブのようなレザー(バーチ)と甘くクリーミーなベンゾインに、ジューシーなラズベリーを吹きかけ、野性の本能を研ぎ澄ますのだ!

すぐに、ゆっくりとスモーキーなインセンスの風に乗り、灼熱の砂漠さえも溶かしてゆく滑らかなウードが、砂漠に、つかの間のオアシスを生み出してゆきます。そして、その中で、ローズがラズベリーの果汁を栄養分にして、妖しく咲き誇るのです。

スモーキーなレザーとインセンス、フレッシュかつ酔わせるようなラズベリー、ダークなローズ、スパイシーなサフラン、それらすべてをウードが主催するサバト(魔宴)のさなかに煮つめてゆくのです。

神秘的で、黒魔術的でありながら、あくまでもルイ・ヴィトン的なのです。つまり、きわめて都会的かつ現代的な感覚に包まれていくのですが、都会的なウードを生み出すことが出来ているのはどうしてでしょうか?

それは恐らくジャック・キャヴァリエという調香師が、アルベルト・モリヤスと共に、2002年に生み出した西欧社会におけるはじめてのウード・フレグランスであるイヴ・サンローランの「M7」の大失敗の中から16年の時空を経て見つけ出した、〝英知〟が濃縮されているからではないでしょうか。

明らかに腐敗していくラズベリーの腐臭の中で、ベンゾインが溶け込んだスモーキーウードが注ぎ込まれ、新たなる生命を蘇らせるが如く、肌の上に〝復活の呪文〟を唱えてゆくのです。夢のようでありながら、スマートで洗練された〝永遠に肌の上に刻み込まれそうなウードの香り〟です。

スポンサーリンク

ルイ・ヴィトンのウードの旅がはじまる。

©LOUIS VUITTON

中東の人々は香水をレイヤリングすることをマスターしています。女性は通常2つか3つ、5つの香水を重ね付けしています。パリでもロンドンでも中東の女性の香りを感じることができ、ドバイ空港に降り立つとすぐにこれらの美しい香りを、心おきなく感じることができます。

ジャック・キャヴァリエ

ルイ・ヴィトンのウードの旅は、この香りから本格的にはじまるのです。それは、太陽と砂漠をラクダの上で感じるように、肌と心で感じる〝未知なる感覚〟を愉しみ嗜む、ラグジュアリーな香りの旅の始まりなのです。

ジャック・キャヴァリエがトム・フォードのために生み出した「タスカン レザー」と「ノワール デ ノワール」の延長線上にある香りとも言えます。

ちなみにこの香りで使用されているウード・アッサムは、インド北部アッサムが原産のウードです。その中でも最高級のものをジャック・キャヴァリエ自身が数ヶ月かけて探し、ついにバングラデシュにあるウード・アッサム農園を探し出したのでした。この家族経営の農園で、何百年もかけて栽培されたアガーウッドが使用されています(ルイ・ヴィトンが独占契約しています)。

ジャック・キャヴァリエ自身は「クール バタン」もしくは「レ サーブル ローズ」との重ね付けを提案しています。

「オンブレ ノマド」は、中東へのオマージュです。そして、この香りは世界で最も売れている香水のひとつです。なぜなら、このような香りは、今トレンドの香りのルールとは全く別の次元に存在するからです。

私は、この香りを作っているときから感じていました。妻や娘が付けて、グラース、パリ、ローマあらゆる場所で、人々の注目と絶賛を浴びたからです。そして、私はこの香りには、他の香水にはない何かがあると確信したのでした。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オンブレ ノマド
原名:Ombre Nomade
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/50,600円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


シングルノート:アガーウッド、ゼラニウム、ラズベリー、ローズ、アンバーウッド、ベンゾイン、バーチ、インセンス、サフラン、レザー

タイトルとURLをコピーしました