究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【グッチ】ザ ラスト デイ オブ サマー(アルベルト・モリヤス)

アルベルト・モリヤス
©GUCCI
アルベルト・モリヤスグッチブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ザ ラスト デイ オブ サマー

原名:The Last Day Of Summer
種類:オード・パルファム
ブランド:グッチ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/39,600円
公式ホームページ:グッチ

グッチ GUCCI ザ・ラスト・デイ・オブ・サマー オードパルファム ウッズ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:1,200円
(2021/6/18 13:42時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

キジが運んでくれる〝明るい秋の香り〟

©GUCCI

©GUCCI

2019年4月29日からグッチの青山、銀座、新宿の路面店でのみ限定発売されている「ザ アルケミスト ガーデン」から、最初に発売された7つのオード・パルファムのうちのひとつとして発売されたのが、「ザ ラスト デイ オブ サマー=夏の最後の日」です。

全ての香りは、グッチのクリエイティヴ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレのディレクションのもと、アルベルト・モリヤスにより調香されました。

若き日にミケーレ少年が父親(アリタリア航空の技師)と初秋の森を歩いた想い出からインスパイアされた香りです。

シダーウッドとサイプレスの新鮮な森に、最初の枯葉=パチョリがノスタルジックに舞い落ちます。その葉を踏みしめながら歩いていると、一羽のキジがナツメグのような甘くて苦いスパイシーな香りを運び、通り過ぎていきます。

その瞬間、夏は通り過ぎ、新たなる秋が到来するのです。やがて、ベチバーの湿った大地の香りがナツメグと結びつき、よりいっそう五感をやさしく揺さぶりながら、温かい甘さに包み込まれてゆくのです。

黄金の太陽が、黄金の森林へと、バトンタッチするひと時を肌の上で感じることのできる香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ザ ラスト デイ オブ サマー
原名:The Last Day Of Summer
種類:オード・パルファム
ブランド:グッチ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/39,600円
公式ホームページ:グッチ


シングルノート:シダー、サイプレス、ナツメグ、パチョリ、ベチバー

グッチ GUCCI ザ・ラスト・デイ・オブ・サマー オードパルファム ウッズ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:1,200円
(2020/11/17 15:36時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました