究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『トゥルー・ロマンス』Vol.6|クリスチャン・スレイターとオタク主導型ファッション文化

その他
その他女性目線の男磨き
この記事は約6分で読めます。

21世紀のファッションシーンがオタク主導型になることを予見した作品

90年代に、50年代のロカビリー・ファッションに身を包むイケてない主人公クラレンス。クリスチャン・スレーター(1969-)の持ち味を最高に生かした傑作『ジミー・ハリウッド』(1994)をご覧いただければよく分かるように、彼の持ち味は、飄々とした、気のいいヤツなんです。

そんなモテるという言葉とは、縁のない男が、かわいい女の子に惚れられて、カラテ映画を一緒に見たその後に、アチョーと蹴りを入れられた瞬間に、<オレはこの瞬間のために生きてたんだ!>と覚醒してしまったのです。

25歳まで童貞だったオタク青年が、暴走するその姿は、もしかしたらソニー千葉の三本立ての映画の合間に眠りこけたクラレンスの夢なのかも知れません。しかし、たとえそうであっても、21世紀のファッションシーンは、オタク主導型で生み出されるという預言者の役割をクラレンスは果たしたのでした。

そうなのです。90年代に、ファッションは、DVDやインターネット、携帯電話の発展により、オタクにとって最も有利な分野へと変貌を遂げていったのでした。そんなオタクの時代遅れな拘りが、21世紀にモードとして化ける流れを示して見せたのが、この作品のクラレンス・ウォリーだったのです。

ブラッド・ピット、マイケル・ラパポートと主役2人。

エルヴィス・プレスリーを愛する男たちの必需品=アロハシャツ。

スポンサーリンク

クラレンス・ルック6

アロハ・ルック
  • レッドオレンジ色のアフロシャツ、半袖にスリット
  • 白のカットソー、半袖
  • ウォッシュド・デニムジーンズ
  • ホワイトバックス
  • 黒の細ベルト
  • シルバーのエルヴィスサングラス

そして、エルヴィス・プレスリーと言えば、アロハシャツは外せない。

エルヴィス・サングラスとバービー・サングラス。

他人の読んでいた雑誌のエルヴィス特集について語り始めるクラレンス。

エルヴィス談義に夢中になっている間に、アラバマは地獄を味わっていた。

ブロンソン・ピンチョットのプロデューサー巻き。

映画の中ではジーンズをロールアップしていない。

基本はこんな感じのデニムスタイル。

『ブルー・ハワイ』(1961)のエルヴィス・プレスリー。

スポンサーリンク

クラレンス・ルック7

ロカビリー・ジャケット
  • 50年代風ロカビリー・ジャケット
  • レッドオレンジ色のアフロシャツ、半袖にスリット
  • 白のカットソー、半袖
  • ウォッシュド・デニムジーンズ
  • ホワイトバックス
  • 黒の細ベルト

柔らかい素材感のジャケットを、アロハシャツの上に。

いよいよ、物語はメキシカン・スタンドオフに向けて疾走していきます。

このロカビリー・ジャケットがとてもイイです。

生き残った2人は、死体の山を越えてメキシコへと去っていくのでした。



スポンサーリンク

タランティーノ、25歳、童貞青年の夢。

最後にメキシコで見せるマルチプリントのビーチウェアと眼帯。

最近改めて観て、オレはすっかり感動してしまったんだ。これは25歳当時(1988年)の、まるで芽が出なかったオレ自身を描いた作品なんだ。もちろん実際には、クールな売春婦に会ったことなんてないんだけどね。そもそも、まったく女っ気がなかったんだ。でも、自分を理解してくれる彼女がいるっていうのは、当時のオレにとってはいちばんの夢だったんだよ。

クエンティン・タランティーノ

この作品の脚本は、無名時代のクエンティン・タランティーノが交通違反切符の罰金を支払えず、刑務所に3日間滞在した1988年のどん底の環境の中で書かれました。

作品データ

作品名:トゥルー・ロマンス True Romance (1993)
監督:トニー・スコット
衣装:スーザン・ベッカー
出演者:クリスチャン・スレーター/パトリシア・アークエット/ブラッド・ピット/ゲイリー・オールドマン/デニス・ホッパー/クリストファー・ウォーケン/マイケル・ラパポート

タイトルとURLをコピーしました