その他

クリスチャン・スレイター1 『トゥルー・ロマンス』3(2ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

作品名:トゥルー・ロマンス True Romance (1993)
監督:トニー・スコット
衣装:スーザン・ベッカー
出演者:クリスチャン・スレーター/パトリシア・アークエット/ブラッド・ピット/ゲイリー・オールドマン/デニス・ホッパー/クリストファー・ウォーケン/マイケル・ラパポート

エルヴィス・プレスリーを愛するモテない男たちへの挽歌

場末の深夜の映画館で、かわいい女の子とソニー千葉の「激突! 殺人拳」を見ることなんて、宝くじが当たるくらい確立の低いことだ。

監督のトニー・スコットは、タランティーノに『レザボア・ドッグス』かこっちのどっちを監督したいですかと質問されました。答えは両方とも。

同じジャケットによる作中には登場しなかったスタイリング。

ジャケットは50年代のエルヴィス・プレスリーを意識したものでした。

オレはオカマじゃないけど、エルヴィスはどんな女よりも美しかった。こう思ったよ、もし万が一、男と寝ることになったら、エルヴィスと寝たいねと。

クラレンス・ウォリー、『監獄ロック』のエルヴィスが最高だと、バーでコールガールらしき女性に話すシーンにて

クラレンス・ルック1 ロカビリー・スタイル
  • グレー・ジャケット、ノッチラペル、ロカビリー・スタイルのシルエット
  • 白地に黒ストライプのオープンカラーシャツ
  • ピンクのイタリアンカラーシャツ
  • 黒のTシャツ
  • 黒のトラウザー
  • M65フィールド・ジャケット

はじまりはこうです。25歳くらいの童貞青年クラレンスは、自分の誕生日を祝うために映画館で「ソニー千葉」特集上映を見て、一人過ごしています。そんな時に、豹柄のコートに、赤のボディコン姿のブロンドヘアのかわいい女の子が、ポップコーン片手に自分の後ろの席にやって来たのでした。さぁ、〝世界中のモテない〟男たちへの挽歌のはじまりです。

昨日は最高だった。俺がキミみたいな娘にモテるはずないもんな。一瞬、ちんこのついてる女かと疑ったほどだよ。

クラレンス・ウォリー

その飄々としたムードに癒され、惚れたアラバマは、自分は実はコールガールだとクラレンスに伝えます。その時の彼のセリフが上記のものです。クラレンスは、流行などにはまったく興味がない、ただエルヴィス・プレスリーとソニー千葉とアメリカン・コミック(さらには、パートリッジ・ファミリー)を愛する青年です。

そのファッションの影響は、かなりの部分を、エルヴィス・プレスリーから受けており、ラブシーンで登場するベッドルームもエルヴィス一色です(ちなみにリビングルームは、一面、70年代東映映画のポスター)。この作品は、そんな90年代のエルヴィス青年の物語であり、実に不思議な現象なのですが、キメ過ぎずにハズした方がモテる21世紀において、ワンポイント、エルヴィス・スタイルを引用するためのメンズ・バイブルになり得る作品なのです。

ルパン三世を髣髴させるウエディング・スタイル

こんなファッションで二人は結婚届を提出したのでした。

ピンクジャケットに、M65フィールドジャケットのアンバランスさ。

しかし、どこへ行くにもこのピンクのボックスバッグを手放さないアラバマがとてもかわいい。

当初、クラレンス役は、スティーヴ・ブシェミになる可能性もありました。

クラレンス・ルック2 ルパン・ルック
  • M65フィールド・ジャケット
  • フラミンゴピンクのジャケット、細身のノッチラペル
  • 白地に黒襟のオープンカラーシャツ、半袖、サイドにブラックライン
  • 白のTシャツ
  • 黒のトラウザー
  • こげ茶の細ベルト
  • ブルーのレザーシューズ

実写版ルパン三世そのもののこの姿は、エルヴィス・プレスリーが活躍した1950年代のロカビリー・ファッションを意識したスタイリングです。このTPOを全く考えないM65フィールド・ジャケットとの組み合わせが、素晴らしいです。こんなヤツが今の日本にいたら絶対にモテるはずです。

M65フィールドジャケットの本質には、社会に適応できない男たちの情念が渦巻いているのです。

ドレクスルを殺せ!とヴァル・キルマーの命じられるクラレンス。このシーンで白シャツの造形がよく分かります。

この白シャツには、黒のサイドラインが入ってるのが分かります。

ところどころに金ボタンと紋章が散りばめられています。黒襟の白ステッチも素晴らしい。



ページ:

1

2

カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP