エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【ブロンディ】涙のユニオン・シティ|デニムオンデニム

ブロンディ
ブロンディ 反逆のファッション 反逆の歌姫たち
この記事は約3分で読めます。

涙のユニオン・シティ

Union City Blue フォース・アルバム『恋のハートビート』より、セカンド・シングルとして、1979年11月に発売されました。ニュージャージー州ウィーケーンでハドソン川を背景に撮影されたPVは、奇妙なオレンジ色のデボラ・ハリーの衣装のセンスの悪さだけが印象に残るものだったのですが、この曲自体は、哀愁を帯びたメロディの名曲です。

概要


曲名:涙のユニオン・シティ
原名:Union City Blue
リリース:1979年
最高順位:全英13位

スポンサーリンク

燃え尽きたブロンディ

Blondie – Union City Blue

アルバム『恋のハートビート』に関するプロデューサーのマイク・チャップマンの回想が実に興味深い。

レコーディングは混迷を極めた。ドラッグは私たち7人全員を蝕んでいた。喧嘩しながら、レコーディングし、汚臭に包まれながら、何日もぶっ通しでやった。そして、アルバムのタイトルとは逆に、「音楽に食い尽くされた」のだった。アルバム完成後の私たちは、消耗しきっていた。それも達成感に包まれた消耗ではなく、ただ単に、感情を磨耗させるローラーコースターのような日々から生まれた消耗だった。こんな体験は私の今までの人生で初めてだった。ブロンディは、もしかしたらこのアルバムで既に燃え尽きていたのかもしれない。

マイク・チャップマン

スポンサーリンク

ブロンディ・ルック16 デニムオンデニム

実は、デボラ・ハリーのファッションにおいて忘れがちなのが、デニムをとても上手に着こなすという点です。

デボラ自身、リーバイス505(ラモーンズをはじめとするパンクロッカーに愛された)の愛用者なのですが、デニムオンデニムにおける小技の数々が今でも使えます。

  1. アクセサリーはシンプルなものだけをつける
  2. ベルトは着用しない
  3. 襟がアーチ状に綺麗に上がるものしか着用しない
  4. あくまでもタイトに。出来れば素肌の上から
  5. 袖も大きく捲くらずに、ゆるく

といったこだわりようです。一番面白いのは、フレンチカーディガンのようにデニムジャケットを逆に着たりもするところです。デニムオンデニムとは、スタイリッシュにデニムを着る「デニムの独立宣言」なのですから、特にモードにセンス良く着てあげないといけないのです。

すべての写真は、1978年に撮られたものです。

e22d8b3cd59b070e94eacfac326de254
blondie-1978-levis-billboard-1240
58dcc94575f834d17162b9d46ba93e21



スポンサーリンク

ブロンディ・ルック17 GVジーンズ

1980年のグロリア・ヴァンダービルトのGVジーンズのCFに出演したデボラ・ハリー。

彼女が最初に結成したガール・グループの名は「スティレット」!さすがです。タイトフィットのジーンズにスティレットヒールのサンダルを見事に履きこなしています。何よりも、オレンジ色のスエットシャツとのアンサンブルが素晴らしい。

Deborah Harry – Murjani Jeans Ad (1980)
Debbie Harry – Murjani Jeans Commercial 1980





スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました