スティーブ・マックイーン

スティーブ・マックイーン6 『華麗なる賭け』2(2ページ)

    作品名:華麗なる賭け The Thomas Crown Affair (1968)
    監督:ノーマン・ジュイソン
    衣装:セオドア・ヴァン・ランクル/ダグラス・ヘイワード
    出演者:スティーブ・マックイーン/フェイ・ダナウェイ/アストリッド・ヒーレン


    バラクータのハリントンジャケット


    オープニングとグライダーシーンで流れる曲「風のささやき」は、ミッシェル・ルグランにより作曲され、『マイ・フェア・レディ』(1964)のレックス・ハリソンの息子ノエル・ハリソン(1934-2013、1952年と1956年にスキー・アルペンのイギリス代表選手としてオリンピックに出場。)により歌われ、アカデミー主題歌賞を獲得しました。

    脚本ではスカイダイビングをすることになっていたが、マックイーンとノーマンはグライダーの方が良いと変更した。

    ペルソールのPO714。

    バラクータのG9ジャケット。

    絶妙なジャケットの丈感が、脚長効果を生み出しています。

    マックイーンは、プライベートでもデザートブーツを愛用していた。

    ジャケットの下の半袖シャツもオシャレです。

    バラクータの裏地はフレーザー・タータンチェックです。

    トーマス・クラウン・スタイル5 ハリントンジャケット
    • バラクータのG9ジャケット、ネイビー
    • クルーネックのブルーのリブニットTシャツ、半袖
    • カーキのコットンパンツ、ベルトループなし、サイドアジャストつき
    • ブラウンスエードのデザートブーツ
    • ダークネイビーのベースボールキャップ
    • ペルソールPO714

    バラクータのG9ジャケットは、1958年にエルヴィス・プレスリーが『闇に響く声』の中でも着ていました。

    マックイーンは、アメリカにおいて、〝キング・オブ・クール〟と呼ばれています。その名称を象徴するのが、このバラクータを着用したシーンのスタイルなのです。彼は、ほとんど全ての作品の中のスタイルを派手な色合わせではなく、枯れた色で合わせています。ダークネイビーのジャケットとダークネイビーのリブニット、ダークネイビーのキャップ、そしてカーキのコットンパンツ、ブラウンのデザートブーツといった具合にです。

    それは蛍光色や、派手な流行色に乗っかかっていた60年代当時の男性ファッションを嘲笑うかのような「落ち着き払った男の自信」に満ちたスタイルだったのです。



    昼はネイビータイ、夜はレッドタイにチェンジ。

    昼間はオール・ダークネイビースタイル。

    実に美しいスーツのシルエットです。

    カラーピンが大人のエレガンスを演出。

    フェイ・ダナウェイの60年代ファッションとの対比。

    痺れるほどカッコ良い、休憩中のマックイーン。

    トーマス・クラウン・スタイル6 ダークネイビーからレッドへ
    • ダグラス・ヘイワード
    • ダークネイビーの3ピース、タイトシルエット、細身のラペル、2つボタンジャケット、3つの袖ボタン、このスーツだけが、ラペルのないダブルベスト
    • 青のストライプ入りの白のコットンシャツ
    • シルクのダークネイビーのネクタイ
    • ポケットチーフ、グレー系
    • ブラック・レザーのダービーシューズ
    • パテック・フィリップの懐中時計。
    • カルティエタンク・アメリカン

    「君は新しいハンフリー・ボガートになれるよ!」
    「君は内気で、あまり話をしないんだよ!」
    「君は一匹狼なんだけど、完全性を持っている人物なんだ!」
    「君はトコトン静かで、勇敢なんだ!」
    「君は女好きだけど、女性たちについては基本的にシャイなんだ!」
    「君の微笑みは口の辺りが引き締まっていて、歯を見せることはないんだ!」
    「君の話しぶりが、人に興味か何かを失わせるほど悪い段落を作ってしまうから、決して5~10語以上の単語を持つ言葉を口にしてはいけないんだ!」
    「君が以上のことから逸脱しなければ、君はナンバー1だよ!」

    原作・脚本を担当したアラン・R・トラストマンが、スティーブ・マックイーンにアドバイスした言葉。

    夜のデートでは、ネクタイとポケットチーフ、そして、シャツをさらりと変えているマックイーン。目的によって、スーツのイメージを小物の組み合わせによって見事に変えています。

    その日のデートシーンでは、同じ色のジャケットだが、袖のボタンはひとつになっています。

    ダークネイビーが引き立つ華やかなレッドタイ。

    ちなみにラスト・シーンでは、マックイーンは、ダークネイビーの3ピースにピンクシャツでコーディネイトしています。

    ペルソールと、カルティエのタンク。

    ダークネイビーとピンクの組み合わせはアリか?

    この作品はマックイーンにとっても、「賭け」と言える作品でした。それは、今までのスーツとは無縁のイメージを覆す役柄に対する挑戦であり、この作品の「賭け」に勝ったからこそ、スティーブ・マックイーンは男性にとってのスタイル・アイコンとしての不動の地位を勝ち取れたのでした。

    マックイーンは、教えてくれます。つまり、男にとって、スーツに袖を通すことによって、男はより洗練されるという事実を。この作品の重要性は、それまでスーツを着たことが無かった男が、スーツを着ることによって、いかに洗練される存在になり得たかという〝男の洗練〟の歴史を教えてくれるところにあるのです。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。