究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『トゥルー・ロマンス』Vol.5|クリスチャン・スレーターとM65フィールドジャケット

その他
その他女性目線の男磨き
この記事は約6分で読めます。

クラレンスのM65が、モードミリタリーを生み出した。

この作品の撮影がはじまる初日に、監督のトニー・スコットは、クリチャン・スレーター(1969-)が、クラレンス像を掴みきれていないと感じました。そして、彼に、『タクシー・ドライバー』(1976)のビデオテープを渡したのでした。

クラレンスは、ロバート・デ・ニーロが演じたトラヴィスと同じくM65フィールドジャケットを着ているのですが、彼のM65には沢山のワッペンが付いています。この作品における、クラレンスのスタイリングの最も素晴らしい例として、このジャケットを挙げるべきでしょう。それは、若者の特権としてのミリタリー・スタイルの楽しみ方の提案なのです。

20代の季節にだけ許される、ミリタリーにカワイさを投入するゆとりっぷりが、大人の男子のミリタリーとの無骨な向き合い方に対するアンチテーゼになっています。

このM65の登場により、多くのラグジュアリー・ブランドのファッション・デザイナーは、ミリタリー・テイストに、遊び心を付け加えていく勇気を与えてもらうことになりました。まさにモードミリタリーはここから始まったのでした。

是非、若い男子にして欲しいスタイリングです!若い子にならワッペンが沢山ついていてもオシャレなはず。

スポンサーリンク

クラレンス・ルック3

ミリタリールック
  • M65フィールド・ジャケット
  • ブルーのフーディパーカー
  • グレーの格子柄のフランネルシャツ
  • 黒のカットソー
  • チャコールグレーのデニムジーンズ
  • シルバーのエルヴィスサングラス

そして、使用感たっぷりのM65が登場します。

ここで初めてエルヴィス・サングラスも登場する。

ブラッドチット(戦闘員人物証明書)も背中にちゃんとあります。

スポンサーリンク

クラレンス・ルック4

レザージャケット
  • ブラック・レザージャケット、シングル
  • ネオンオレンジ色のフーディパーカー
  • パープルの格子柄のフランネルシャツ
  • 黒のカットソー
  • ウォッシュドデニムパンツ
  • ブラックブーツ

クリスチャン・スレーターは、クラレンス役の役作りとして、ジャック・ニコルソンをイメージしていました。

デニス・ホッパーの出演が、父と子の関係に現実味を与えました。

このシーンだけレザージャケットを着ているクラレンス。

ここでは、ネオンオレンジ色のフーディパーカーを着ています。

そして、もちろんフランネルシャツもその下に!

パープルキャデラックの上の二人。

スポンサーリンク

ラスヴェガスを経由して、さらにエルヴィス化していくクラレンス

厳寒のデトロイトから、温暖なロサンゼルスへと移動する二人。

ファッションも一気にパステルカラーへと変わっていきます。

ここで登場するパープル・キャデラック(フリートウッド74年型)は、ハリウッドでこのキャデラックを目撃したトニー・スコットが、「この作品には、この車しかない!」とナンバープレートを控えておき、後日映画撮影のためにそれを購入させたものでした。そして、撮影終了後にこの車はパトリシア・アークエットにプレゼントされました。

デトロイトからラスヴェガスでバカンスを楽しんだクラレンスとアラバマは、ファッション・テイストが一変します。

アラバマは、バービーガールに、クラレンスは、より本格的にエルヴィス・プレスリー化していくのでした。

スポンサーリンク

クラレンス・ルック5

ボーリングシャツ
  • ターコイズブルーのボーリングシャツ、半袖
  • 半袖のTシャツ
  • ウォッシュド・デニムジーンズ
  • ホワイトバックス
  • シルバーのエルヴィスサングラス

電話ボックスで愛し合う二人。

デトロイトでは考えられない解放感を満喫しています。

本家エルヴィス・サングラス。

そして、エルヴィスが愛用したホワイトバックス。

作品データ

作品名:トゥルー・ロマンス True Romance (1993)
監督:トニー・スコット
衣装:スーザン・ベッカー
出演者:クリスチャン・スレーター/パトリシア・アークエット/ブラッド・ピット/ゲイリー・オールドマン/デニス・ホッパー/クリストファー・ウォーケン/マイケル・ラパポート

タイトルとURLをコピーしました