究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】ボワ オリエンタル(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ボワ オリエンタル

原名:Bois Oriental
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売

スポンサーリンク

夕陽にスパイスが泣いているような美しい香り


セルジュ・ルタンスは、1992年に元々書店があった場所に、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・シセイドーをオープンしました。

そのオープンに合わせピエール・ブルドンが構想し、クリストファー・シェルドレイクが調香した「フェミニテ デュ ボワ」から、4つのバリエーションが生み出されました。「ボア エ フリュイ」「ボア エ ムスク」「ボア ドゥ ヴィオレット」、そして、この作品「ボワ オリエンタル」です。

「ボワ オリエンタル」とは、フランス語で〝東洋の森〟の意味です。オリエンタル・ウッディの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

それは夕陽にスパイスが泣いているような美しい香りです。

スポンサーリンク

ドライジンに酔わされた森に、神が宿る。

くすぶり続けている。シダーは神が自らの手で植えた唯一の木だと言われている。私は神の創造物を、よくご存知のように東から昇る太陽のように、色とりどりのスパイスでずうずうしくも引き立ててゆきました。

セルジュ・ルタンス公式サイトより

シダーウッドを運ぶキャラバンが、夕陽に照らされ、砂漠からオアシスに向けて進んでいく情景を描いたこの香りは、ドライジンのようなヴァージニアシダーとアニマリックなクミンの香りからはじまります。すぐにシナモンとカルダモン、クローブのスパイシーさに夕陽が泣いてゆきます。

やがて、オアシスに到達したキャラバンが、水気をふくんだヴァイオレットとローズに迎えられます。そして、夕陽に輝く蜜蝋が、ピーチとプラムに降り注ぎ、酔わせるようなシダーウッドに溶け込んでゆきます。

夕陽は沈んでしまいました。クリーミーなサンダルウッドがシダーウッドと混じりあいます。さらに、どこまでも高揚するスパイスをバルサミックなバニラとムスクが受け止めていくのです。実にロマンティックな情熱的な香りです。それはまるで静かにあなたを見つめる視線のようです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ボワ オリエンタル」を「ジンウッディ」と呼び、「アンバー調がより強められている一方、はじけるジントニックの軽やかさももっている。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ボワ オリエンタル
原名:Bois Oriental
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


シングルノート:ヴァージニアシダー、ヴァイオレット、ピーチ、プラム、ローズ、カルダモン、シナモン、クローブ、ムスク、バニラ、アンバー

タイトルとURLをコピーしました