エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】ボワ オリエンタル(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

神が宿りし静謐なる森の香り


ピエール・ブルドンが構想し、クリストファー・シェルドレイクが調香した「フェミニテ デュ ボワ」から4つのバリエーションが生み出されました。「ボア エ フリュイ」「ボア エ ムスク」「ボア ドゥ ヴィオレット」、そして、この作品「ボワ オリエンタル(=東洋の森)」です。

オリエンタル、グルマン、スパイス、フルーツといった全ての要素が行き過ぎないように中庸の精神をもって香り立ちます。どれも突出していないからこそ、ふとした瞬間に、それぞれ上質な香料により生み出される特性がふと鼻腔をくすぐるのです。

香りは、強く香り立てば良いという概念を正してくれる、さらには、水のように儚ければ使いやすいという概念も正してくれる。静かにあなたの傍に長く留まってくれる香りです。香りの文化が成熟した国でのみ販売されうる香りなのかもしれません。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ボワ オリエンタル」を「ジンウッディ」と呼び、「アンバー調がより強められている一方、はじけるジントニックの軽やかさももっている。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ボワ オリエンタル
原名:Bois Oriental
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


シングルノート:ヴァージニア・シダー、ヴァイオレット、ピーチ、プラム、ローズ、カルダモン、シナモン、クローブ、ムスク、バニラ

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました