究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】ボア エ ムスク(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
©資生堂
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ボア エ ムスク

原名:Bois et Musc
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売

スポンサーリンク

涼しげな森と、薔薇色のムスクの甘い囁き

©資生堂

セルジュ・ルタンスは、1992年に元々書店があった場所に、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・シセイドーをオープンしました。

そのオープンに合わせピエール・ブルドンが構想し、クリストファー・シェルドレイクが調香した「フェミニテ デュ ボワ」から、4つのバリエーションが生み出されました。「ボア エ フリュイ」「ボワ オリエンタル」「ボア ドゥ ヴィオレット」、そして、この作品「ボア エ ムスク」です。

「ボア エ ムスク」とは、フランス語で〝森とムスク〟の意味です。オリエンタル・ウッディの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

スポンサーリンク

昔のフェミニテデュボワに最も近い香り

愛撫するように。ムスクが「フェミニテ デュ ボワ」に無理やり入り込んできたのです。私が「激しすぎます」と言うと、ムスクは粉まみれになってしまったのです。

セルジュ・ルタンス公式サイトより

心が澄んでいくような森林=シダーウッドの芳香に、心が薔薇色に酔わされるようなプラムとアプリコットがほんのり漂うムスクが注ぎ込まれるようにしてこの香りははじまります。

すぐに蜜蝋とココナッツの甘やかな細雨が森林に降り注ぎます。そして、雨がやんだ後、スパイシーなナツメグ、シナモン、クミンとクリーミーなサンダルウッドがふんわりと温かな空気感で包み込んでくれるのです。

まるで静かに囁き合うシダーウッド/サンダルウッドと薔薇色のムスクの甘い余韻をいつまでも感じたくなるそんな香りです。現在の「フェミニテ デュ ボワ」よりも、資生堂時代のオリジナルの「フェミニテ デュ ボワ」に近い香りだと言われています。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ボア エ ムスク」を「ムスク調シダー」と呼び、「水彩画の雰囲気があり、みずみずしさを漂わせ、シダーなのにローズみたい。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ボア エ ムスク
原名:Bois et Musc
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


シングルノート:ムスク、モロッコ産アトラス・シダー、サフラン、蜜蝋

タイトルとURLをコピーしました