エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】ボア エ ムスク(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

昔のフェミニテデュボワに最も近い香り


ピエール・ブルドンが構想し、クリストファー・シェルドレイクが調香した「フェミニテ デュ ボワ」から4つのバリエーションが生み出されました。「ボア エ フリュイ」「ボワ オリエンタル」「ボア ドゥ ヴィオレット」、そして、この作品「ボア エ ムスク(=森とムスク)」です。

植物由来のムスクとシダーをブレンドし、通常のムスクが生み出す官能性を抑え、ウッディとスパイスによって優しく包み込んだ香りです。資生堂時代の「フェミニテ デュ ボワ」に、現在の「フェミニテ デュ ボワ」よりも近い香りだと言われています。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ボア エ ムスク」を「ムスク調シダー」と呼び、「水彩画の雰囲気があり、みずみずしさを漂わせ、シダーなのにローズみたい。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ボア エ ムスク
原名:Bois et Musc
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1992年
対象性別:ユニセックス
価格:日本未発売


シングルノート:ムスク、モロッコ産アトラス・シダー、サフラン、蜜蝋

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました