mikado

その他

『ロミオ+ジュリエット』Vol.4|ジョン・レグイザモとドルチェ&ガッバーナ

ドルチェ&ガッバーナの降臨 『ロミオ+ジュリエット』で絶対に忘れてはならないのが、キャピュレット家のティボルトを演じた...
ファッション・ブランド

『ロミオ+ジュリエット』Vol.2|レオナルド・ディカプリオとプラダ

映画史に残るロマンティックなシーン バズ・ラーマンの真骨頂とも言えるキャピュレット家の仮面舞踏会のシーンで、甲冑の騎士...
レオナルド・ディカプリオ

『ロミオ+ジュリエット』Vol.1|レオナルド・ディカプリオとアロハシャツ

『タイタニック』前夜のレオナルド・ディカプリオ レオナルド・ディカプリオ(1974-)という俳優が、『タイタニック』(...
その他

『007 美しき獲物たち』Vol.5|クリストファー・ウォーケンとドルフ・ラングレン

ドルフ・ラングレン現る 本作は、当時グレイス・ジョーンズ(1948-)と付き合っていたドルフ・ラングレン(1957-)...
その他

『007 美しき獲物たち』Vol.4|クリストファー・ウォーケンとカルティエ

ジェームズ・ボンドを愛したクリストファ・ウォーケン この男の実質的なデビュー作は、ジェームズ・ボンドの映画だった。いや...
ジェームズ・ボンド

『007 美しき獲物たち』Vol.3|ロジャー・ムーアとレザーブルゾン

ボンドはその時代のトレンドを映す鏡 この作品で、三代目ジェームズ・ボンド=ロジャー・ムーアが勇退することになるのですが...
ジェームズ・ボンド

『007 美しき獲物たち』Vol.2|ロジャー・ムーアとルイ・ヴィトン

エッフェル塔からセーヌ川へ!ハーフカーに乗って ロジャー・ムーアのジェームズ・ボンドは、世界大紀行のプレゼンテーターで...
ジェームズ・ボンド

『007 美しき獲物たち』Vol.1|ロジャー・ムーアとデュラン・デュラン

ロジャー・ムーアという喜劇王 イギリスでは、ある人が本当に007が好きかどうかを測るバロメーターとして「ロジャー・ムー...
その他

【仁義の墓場】実録ヤクザ映画ファッションの魅力

【仁義の墓場】 1970年代後半に一人の映画スターが、当時最悪のモラルを誇る映画を乱発していた東映にやって来ました。か...
アラン・ドロン

【サムライ】アラン・ドロンとトレンチコートの美学

【サムライ】 Le Samouraï 1960年代のアラン・ドロンは、世界一美しい男と呼ばれていた。そんな黄金期のドロ...
スティーブ・マックイーン

【ブリット】映画史上最高のカーチェイス・ムービー

【ブリット】 Bullitt 1960年代に誕生したこの作品から3つの流行が生まれました。ひとつは、ポリスムービー、も...
カーディガンズ

【カーディガンズ】カーニヴァル|60年代フレンチファッション

カーニヴァル Carnival 90年代のファッション・アイコンとして、カーディガンズのニーナ・パーション(1974-...
ブロンディ

【ブロンディ伝説】デボラ・ハリーのファッション史

【ブロンディ伝説】デボラ・ハリー Deborah Harry デボラ・ハリーは、1945年7月1日に、アメリカのフロリ...
ブロンディ

【ブロンディ】マリア|ルイ・ヴィトンになった女

マリア Maria 53歳のデボラ・ハリーを中心に再結成されたブロンディが、1999年にミレニアムを前にして生み出した...
ブロンディ

【デボラ・ハリー】スウィート・アンド・ロウ|サヨナラ・シュガー

スウィート・アンド・ロウ Sweet and Low デボラ・ハリー(このアルバムから再びデビーからデボラに名前が戻る...
ブロンディ

【デビー・ハリー】愛に魅せられて|スティーブン・スプラウス

愛に魅せられて In Love With Love デビー・ハリーが1986年に復活を遂げたセカンド・アルバム『ロック...
ブロンディ

【デビー・ハリー】フレンチ・キッス・イン・ザ・USA|ヴォーグ・パリ

フレンチ・キッス・イン・ザ・USA French Kissin 恋人でありブロンディの盟友クリス・シュタインの重病の看...
ブロンディ

【デビー・ハリー】バックファイヤー|エイリアンの恋人

バックファイヤー Backfired デボラ・ハリーがデビー・ハリー名義で、1981年に発表した初めてのソロ・アルバム...
ブロンディ

【ブロンディ】誘惑の楽園|ジェダイの騎士デボラ

誘惑の楽園 Island of Lost Souls ブロンディの実質的に最後のアルバムとなったのが『ザ・ハンター』(...
ブロンディ

【ブロンディ】ラプチュアー|世界初のホワイトラップ

ラプチュアー Rapture 「夢見るNo.1」により、レゲエを自らの音楽に取り入れることに成功したブロンディが、次に...
タイトルとURLをコピーしました