エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【デボラ・ハリー】スウィート・アンド・ロウ|サヨナラ・シュガー

ブロンディ
ブロンディ 反逆のファッション 反逆の歌姫たち
この記事は約3分で読めます。

スウィート・アンド・ロウ

Sweet and Lowデボラ・ハリー(このアルバムから再びデビーからデボラに名前が戻る)が1989年に発表したサード・アルバム『デフ、ダム・アンド・ブロンド』のサード・シングルとして発売されました。曲中披露される謎の日本語は、デボラ自身により作詞されたものでした。超絶ダサいPVは、スティーブン・スプラウスにより監督されたものです。

概要


曲名:スウィート・アンド・ロウ
原名:Sweet and Low
リリース:1990年
最高順位:全英57位

スポンサーリンク

サヨナラ・シュガー

Debbie Harry – Sweet and Low Official High Quality Video .flv

1982年にブロンディを解散し、女優業とソロ活動をしていたデボラ・ハリーの中期の傑作は「スウィート・アンド・ロウ」ではないでしょうか。とにかくイケてないビデオクリップには目をつぶって下さい。ファッションに関しても、もはやスタイル・アイコン時代の輝きは残っていません。

歌詞の中に、謎の言葉「サヨナラ・シュガー」が連発されます。ブロンディ解散後のデボラのソロ時代のビデオクリップは、ほぼ全てにおいて、オーラを失ったオバサン化しています。彼女はやはりブロンディと共に30代の全盛期を駆け抜けた人なんだなと感慨に浸っていたその時に、大切なヤツらの存在を思い出しました。

ブロンディのビデオクリップでは、全く存在感のかけらもなかった4人の真面目そうな青年達の存在です。そうだったのかぁ~。デボラの輝きは、沢山の写真を撮ってくれたリーダーのクリス・シュタインをはじめとするこの4人との調和によって生み出されていたのだなと実感しました。灰色の4人の青年達が後ろに控えてくれていたからこそ、デボラは思う存分飛び跳ねることが出来たのです!

ちなみに、このアルバムのファースト・シングルだった「アイ・ウォント・ザット・マン」(全英13位、全豪2位)は佳作です。

Deborah Harry – I Want That Man (HQ)
スポンサーリンク

ジジ・ハディッド=デボラ・ハリー

2018年12月にW Magazineのためにジジ・ハディッドがデボラ・ハリーにオマージュを捧げたフォト・シューティングを行いました。マート・アラス&マーカス・ピゴットによって撮影された以下の写真は極めて凡庸な出来栄えですが、グッチが2019年SSに発表したドレスを中心に、21世紀のスーパーモデル達にブロンディという存在がいかに大きな影響を与えたのかを教えてくれます。

そして、無分別に色々なラグジュアリー・ブランドの広告塔をつとめるファッション・モデルと、そんなモデルに依存する無能なファッション・ブランドのPR部門に対して、人々は急激に興味を失いつつあります。

「どう!似合うでしょう。私こそ、ファッション産業から望まれるスタイル・アイコンよ!」と誇らしげに、腰に手をあてがい、顎を持ち上げ気味に上質なファッションに身を包む姿は、申し分のないスタイリングにより、見栄えは良いのだが、「味がない」のです。丁度、見栄えのいい料理に味がない時のように、歴史も愛着も沸かないそれらの写真に対して、記憶に留めたいというスイッチが入らず、速やかに忘却のシュレッダーのスイッチが入るのです。










スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました