エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

2019-11

クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】セルジュノワール(黒いサージ布)(クリストファー・シェルドレイク)

プレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」のひとつ。セルジュ・ルタンスが10年間かけて創造した香り。クローブとクミンというある種最強の組み合わせが爆発する〝体臭ノート〟からはじまるこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
その他

【エマニュエル ウンガロ】アパラシオン スカイ(ベアトリス・ピケ)

青りんごから始まる「フレグランス紀行」のはじまりはじまり。それは間違いなく10代に知り合っておきたかった出会いです。そして、この香りとボトル・デザインに対して物足りなくなった時から、その人の本格的なフレグランス紀行ははじまるのかもしれません。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】サンタルブラン(クリストファー・シェルドレイク)

「ブラック&ベージュ コレクション」の香りのひとつとして2001年に発売され、2019年に新ライン「コレクションポリテス」に組み込まれたこの香りは、フランス語で、「白いサンダルウッド」の意味です。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
ジャック・キャヴァリエ

【ルイ ヴィトン】クール バタン(ジャック・キャヴァリエ)

2019年9月に、ルイ・ヴィトン・フレグランス復活三周年を兼ねてレ パルファン ルイ ヴィトンから発売された、第十弾フレグランス「クール バタン」。この香りをもって、ルイ・ヴィトンのファースト・コレクションは完結となりました。ジャック・キャヴァリエにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ローフォアッド(クリストファー・シェルドレイク)

新ライン「コレクションポリテス」のひとつ「ローフォアッド」は、元々は「ルタンスの水(ロー)」シリーズの第二章として、2011年に発売された香りです。フランス語で、「冷たい水」の意味です。この香りはクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ルウーブ(牝狼)(クリストファー・シェルドレイク)

プレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」のひとつ。白い城のように見える雪に覆われた山の頂に立つ孤高の牝狼をイメージして生み出されたチェリーアーモンドの香りです。この香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】レーヌドゥヴェール(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの中で最も安い価格帯のエントリー・ラインが「ルタンスの水(ロー)」シリーズです。その第三章として2014年に発売されたのが「レーヌドゥヴェール(ガラスのウール)」です。この香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ロルフェリン(灰の乙女)(クリストファー・シェルドレイク)

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクション ノワール」に変更され、2014年に生み出された「ロルフェリン」も、このコレクションに組み込まれました。この男性的な香料でのみ生み出された女性の香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ロードゥパイユ(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの中で最も安い価格帯のエントリー・ラインが「ルタンスの水(ロー)」シリーズです。その第四章の香りとして2016年に発売されたのが「ロードゥパイユ(藁の水)」です。フゼア・ノートは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ローセルジュルタンス(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの中で最も安い価格帯のエントリー・ラインが「ロー」です。その中で中心的な立ち位置を占めているのが、「ローセルジュルタンス(セルジュ・ルタンスの水)」です。もちろんこの香りは、ルタンスの分身ともいえるクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】グリクレール(クリストファー・シェルドレイク)

2019年5月21日より発売された新ライン「コレクションポリテス」。それは、軽やかで、フレッシュな、透明感溢れるオード・パルファムのコレクションです。「グリクレール(淡いグレー)」は、2006年にクリストファー・シェルドレイクにより調香された香りです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】アンサンエラバンド(クリストファー・シェルドレイク)

この香りは、どうやら神への祝福の香りらしい。そして、何事に関しても、神というものが商売に絡んでくると、とても平凡なものにさえも付加価値があると強制されるような胡散臭さが付きまとってきます。「お香とラベンダー」という名の香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】クレールドゥムスク(透明なムスク)(クリストファー・シェルドレイク)

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクション ノワール」に変更され、2003年に生み出された「クレールドゥムスク」も、このコレクションに組み込まれました。フローラルムスクのこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
その他

【イヴ サンローラン】オピウム 2009年版(アントワーヌ・メゾンデュ)

オリジナルを再現するに当たり、新しいオピウムの調香を担当したアントワーヌ・メゾンデュは、ほとんどの香料が、現在では規制に引っかかり使用できないという状況に立たされました。新しいボトル・デザインは、ファビアン・バロンとステファノ・ピラーティによりデザインでました。
各ブランド聖典

【フレデリック マル香水聖典】美を極めし、アンバランスで危険な香り

フレデリック マル Frederic Malle 「エディション ドゥ パルファム(香りの出版社)」という精神が掲げら...
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】サンタル ドゥ ミゾール(クリストファー・シェルドレイク)

クミン、キャラウェイといったスパイスが、甘いベンゾインと共に、クリーミーなサンダルウッドに溶け合います。それはまるでグリーンカレーのようでもあります。フレッシュ・オリエンタルの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
その他

【トム フォード】ラベンダー エクストリーム(オリビエ・ギロティン)

アロマセラピーはラベンダーから誕生す 古代の帝国(エジプト、ギリシア、ローマ、アラビア)に愛された植物ラベンダー。...
新作

【2019年11月】新作カレンダー香水図鑑 – セリーヌ始動、キリアンの逆襲

5ページの記事です。 2019年11月に発売される新作フレグランス一覧 今月の最大の話題はかなりコスパの良いキリアン...
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】フュムリ テュルク(トルコの煙)(クリストファー・シェルドレイク)

「フュムリ テュルク」とは、フランス語で「トルコの阿片喫煙所」の意味です。「最高の香料は、背徳である」と『美徳のよろめき』で三島由紀夫が節子に愛用させていたジャン・パトゥのジョイを、スモークさせ覚醒させた香りとも言えます。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ドゥース アメール(クリストファー・シェルドレイク)

「ドゥース アメール」とは、フランス語で「甘さ(心地よさ)と苦さ」という意味です。ニガヨモギ(アブサン)のフレッシュ・オリエンタルの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました