エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】グリクレール(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

オリジナルへの葬送行進曲



2019年5月21日より発売された新ライン「コレクションポリテス」。それは、軽やかで、フレッシュな、透明感溢れるオード・パルファムのコレクションです。

「グリクレール(淡いグレー)」は、このタイミングで復刻することになったのですが、元々は、2006年にクリストファー・シェルドレイクにより調香された香りでした。

その香りは、「ネオフゼア」とでも呼ぶべき斬新さに満ち溢れていました。

モロッコ産のグレーのラベンダーの周りを包み込むアイリスとトンカビーンのハーモニー。この香りの魅力はブレンドではなく、ハーモニーです。そんなパウダリーな空気に温かく浸透していくアンバー。

このラベンダーは、ラベンダー畑のラベンダーではなく、誰も近づくことのできないごつごつとした断崖の岩場にひっそりと息づくラベンダーです。そこに薄いグレーの霧が舞い散るようにスモーキーなインセンスが寄り添います。

それはまさに天に召される瞬間の至福のひと時を表現したかのような背筋がピンと伸びる、「一日一日を大切に生きましょう」と思い出させてくれる、毎日を有意義なものにしたい人々にとっての、守り神のような香りなのです。

しかし、2019年にリニューアルされたヴァージョンは、より水性に再調香されており、ゴーストタウンに咲くラベンダーのような空虚なメタリックトーンになってしまっています。まるで葬送行進曲が流れてきそうな香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:グリクレール
原名:Gris Clair
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2006年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/14,300円


トップノート:ラベンダー
ミドルノート:アンバー、トンカビーン、アイリス
ラストノート:ドライウッド、インセンス

セルジュ ルタンス グリクレール (淡いグレー)
created by Rinker

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました