エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】ダンブロン(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スエードの受け皿の上の干し杏


2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクション ノワール」に変更され、10種類もの名香が2017年末から一挙に廃盤になりました。

この「ダンブロン(ホワイトスエード)」もそのうちの一つでした。

アプリコット(干し杏)にアイリスとヘリオトロープが絡み合い、そこにクリーミーなスエードが加わり、甘さは抑えられ、キリリとした人間像を生み出してくれます(カルダモンがフルーティーに対する防波堤に)。

とても肌馴染みの良いアプリコットとスエードの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「乾いたクールさが漂い、無駄を削ぎ落としたキンモクセイのような印象のピーチとレザー調の香りで、ミドルノートに石鹸風の香りはない。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ダンブロン
原名:Daim Blond
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/10,800円


トップノート:サンザシ、カルダモン
ミドルノート:アイリス、アプリコット
ラストノート:ムスク、ヘリオトロープ、スエード

セルジュ ルタンス ダンブロン
created by Rinker

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました