エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】ロードゥパイユ(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

セルジュ・ルタンスの藁の水

L'eau de paille – Serge Lutens

セルジュ・ルタンスの中で最も安い価格帯のエントリー・ラインが「ルタンスの水(ロー)」シリーズです。その第四章の香りとして2016年に発売されたのが「ロードゥパイユ(藁の水)」です。

夏の田園地帯が、燦燦と輝く太陽の下で黄金色に輝く雰囲気をイメージした香りです。干し草(クマリン)とベチバーにより生み出されるフゼア・ノートは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

この香りは、2019年5月21日に新ライン「コレクションポリテス」に組み込まれました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ロードゥパイユ
原名:L’Eau de Paille
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/8,800円、100ml/14,300円



シングルノート:干し草、ベチバー、インセンス

セルジュ ルタンス ロードゥパイユ(小麦色の水)
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました