エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】リンノマーブル(名づけえぬもの)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

この香りには名前はない


2018年11月にセルジュ・ルタンスより発売された、限られた店舗でのみ販売されている新しいプレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」。「グラットシエル」とは、フランス語で「摩天楼」「超高層ビル」の意味です。そして、同時に発売された新作フレグランスが本作「リンノマーブル」です。

その黒のファセットガラスボトルのシルエットは、エンパイアステートビル、クライスラービルなど20世紀初頭から1930年代にかけてニューヨークに出現した世界初の高層ビルをモチーフにしたデザインです。

「名づけえぬもの」という名は、「ゴドーを待ちながら」を書いたサミュエル・ベケット(1906-1989、ノーベル文学賞受賞者)の小説名から拝借したものです。自分の名も知らず、何者かも知らず、どこにいるのかも知らない男の物語です。

だからこそ、この香りは、正式には、二つの香料だけが発表されています。クミンとベンゾインです。まさに不条理な香りを作り出そうという試みにより生み出された香水です。

それはメープルシロップのような甘い香りからはじまります。そこにクミンが香りを引き締め、やがて、イモーテルとベンゾイン、チューベローズによりクリーミーな温かみに香り全体が包まれます。そして、香りはお前に尋ねるのだ「おれの名をいってみろ!」と。

クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リンノマーブル(名づけえぬもの)
原名:L’Innommable
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/35,200円
公式ホームページ:セルジュ・ルタンス


シングルノート:ベンゾイン、クミン、フランキンセンス

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました